【中学受験2020】浦和明の星女子1.93倍・開智1.58倍…実質倍率

 埼玉県中学受験が2020年1月10日に解禁日を迎え、1月17日時点で結果が明らかになってきた。各校の実質倍率(受験者数/合格者数)は、浦和明の星女子(第1回)1.93倍、栄東(A日程)1.56倍、開智(第1回)1.58倍など。

教育・受験 小学生
浦和明の星女子中学校 2020年度入学試験データ
  • 浦和明の星女子中学校 2020年度入学試験データ
  • SAPIX小学部の出願者数速報「栄東中学校」
 埼玉県中学受験が2020年1月10日に解禁日を迎え、1月17日時点で結果が明らかになってきた。各校の実質倍率(受験者数/合格者数)は、浦和明の星女子(第1回)1.93倍、栄東(A日程)1.56倍、開智(第1回)1.58倍など。

 各校の入試結果は、栄東(A日程)が受験者6,098人、合格者3,913人(難関大クラス2,094人、東大クラス1,819人)、実質倍率1.56倍。埼玉栄(第1回進学クラス)が受験者587人、合格者372人、実質倍率1.58倍。開智(第1回)が受験者1,434人、合格者905人(一貫クラス546人、先端クラス359人)、実質倍率1.58倍。浦和明の星女子(第1回)が受験者2,053人、合格者1,061、実質倍率1.93倍。

 さいたま市立中学校の受検状況について、第1次選抜適性検査は市立浦和が1月11日、市立大宮国際が1月12日に実施した。第1次選抜の受検倍率(受検者数/募集人員)は、市立浦和が男子7.05倍、女子8.18倍、市立大宮国際が男子3.75倍、女子4.90倍。両校とも第1次選抜の合格発表は1月16日、第2次選抜適性検査は1月18日、第2次選抜の合格発表は1月23日に行う。

 なお、SAPIX小学部や日能研、四谷大塚では、中学受験の出願者数・倍率速報をWebサイトに掲載しており、随時更新している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)