GIGAスクール構想に役立つ「教育ICT指数サーチ」公開

 岐阜聖徳学園大学教育学部の芳賀高洋准教授の研究室は、GIGAスクール構想に向けて各自治体および教育委員会が構想を推進していくうえで参考となるWebサイト「基礎自治体 教育ICT指数サーチ」を公開した。全国の学校関係者や自治体担当者などに広く活用してほしいという。

教育ICT 先生
基礎自治体 教育ICT指数サーチ
  • 基礎自治体 教育ICT指数サーチ
  • 岐阜聖徳学園大学
 岐阜聖徳学園大学教育学部の芳賀高洋准教授の研究室は、GIGAスクール構想に向けて各自治体および教育委員会が構想を推進していくうえで参考となるWebサイト「基礎自治体 教育ICT指数サーチ」を公開した。全国の学校関係者や自治体担当者などに広く活用してほしいという。

 GIGAとは、Global and Innovation Gateway for Allの略。文部科学省によるGIGAスクール構想では、児童・生徒1人1台の学習用端末の配備や、高速大容量の通信ネットワークの一体的な整備などを目標に掲げている。児童・生徒1人1台の学習用端末の配備は2023年度までに小・中全学年での達成を、高速大容量の通信ネットワークの一体的な整備は2020年度中にすべての小・中・高校・特別支援学校などでの校内ネットワークの完備を目指している。

 芳賀高洋准教授は、情報教育(プログラミング学習)、情報倫理教育(情報モラル教育)、教育におけるICT利活用などが専門。これまでに関連する協議会の専門委員なども務めている。

 「基礎自治体 教育ICT指数サーチ」では、京都府の3自治体を除く全国1,738の基礎自治体の教育行政データ、ICT整備データ、国勢調査データなどを簡単に検索して閲覧、印刷できる。

 実際に自治体を検索すると、学校数や児童生徒数、教員数などの基礎情報のほか、学習用PC 1台あたりの児童生徒数や順位などの教育ICT指標、財政力指数などの財政状況を見ることができる。PC配備指数など、自治体別のランキングも掲載している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)