【大学受験2020】北大・大阪大・横国大…第1段階選抜結果

 北海道大学は2020年2月12日、令和2年度(2020年度)前期日程試験第1段階選抜結果を公表。志願者全員を合格者とし、個別学力検査等を受験させる。また、大阪大学、横浜国立大学も第1段階選抜の結果について公表した。

教育・受験 高校生
2020年度大学入試センター試験のようす
  • 2020年度大学入試センター試験のようす
  • 北海道大学・第1段階選抜結果
  • 北海道大学・入学志願者数
  • 大阪大学・第1段階選抜結果
  • 大阪大学・入学志願者数
  • 横浜国立大学・第1段階選抜について
  • 横浜国立大学・入学志願者数
 北海道大学は2020年2月12日、令和2年度(2020年度)前期日程試験第1段階選抜結果を公表。志願者全員を合格者とし、個別学力検査等を受験させる。また、大阪大学、横浜国立大学も第1段階選抜の結果について公表した。

 北海道大学は、入学志願者が多い場合、大学入試センター試験の結果により第1段階選抜(足切り)を行い、個別学力検査などの受験者を決定している。第一選抜(前期日程)の結果は、志願者全員を合格者とし、個別学力検査等を受験させる。

 一般入試(前期日程)の出願状況(確定版)は、総合入試・文系は4.1倍(第1段階選抜予告倍率4.0倍)、総合入試・理系(数学重点選抜群)は3.1倍(同4.0倍)、学部別入試・医学部(医学科)3.8倍(同3.5倍)など。後期日程の第1段階選抜結果については、2月28日に発表する。

 大阪大学は、第1段階選抜を実施した学部を、医学部医学科と外国語学部外国語学科(朝鮮語専攻、モンゴル語専攻、インドネシア語専攻、フィリピン語専攻など)と公表。予告倍率を超えたが第1段階選抜を実施しなかったのは、外国語学部外国語学科(中国語専攻、ロシア語専攻、デンマーク語専攻、スウェ ーデン語専攻、スペイン語専攻、ポルトガル語専攻)。また、予告倍率を超えなかったため第1段階選抜を実施しなかったのは、外国語学部外国語学科(ドイツ語専攻)、理学部、薬学部、工学部、基礎工学部。

 一般入試(前期日程)の出願状況(確定版)は、文学部(人文学科)2.9倍、経済学部(経済・経営学科)3.1倍、医学部(医学科)2.9倍、基礎工学部(情報科学科)3.2倍など。

 横浜国立大学は、一般入試(前期日程)の経済学部は志願者倍率が予告倍率を超えなかったため、第1段階選抜を実施しないと公表。また、後期日程の経済学部と経営学部は、志願者倍率が予告倍率を超えたが、本年度は第1段階選抜を行わない。

 2月7日午前9時現在の一般入試(前期日程)の志願倍率は、経済学部(経済学科)4.3倍、経営学部(経営学科)2.1倍、理工学部化学・生命系学科(化学EP・化学応用EP)3.7倍など。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)