【中止】VRでオリジナルな世界を制作するWS…小学生対象3/15

 C作業場は、VR制作ワークショップ「可能性の拡張!見えていないものを見える力を身につけよう!」を2020年3月15日に開催する。対象は9歳から12歳。2020年2月10日より3月11日まで、Webサイトにて申込みを受け付けている。

教育イベント 小学生
過去のようす
  • 過去のようす
  • 過去のようす
 C作業場は、VR制作ワークショップ「可能性の拡張!見えていないものを見える力を身につけよう!」を2020年3月15日に開催する。対象は9歳から12歳。2020年2月10日より3月11日まで、Webサイトにて申込みを受け付けている。

 「可能性の拡張!見えていないものを見える力を身につけよう!」は、5G時代に活躍できる子どもを育てる「xR教育推進」の一環として開催される。「xR教育」とは、VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Argumented Reality/拡張現実)を用いて、三次元での新しい表現方法と出会い、空間認識力を高めて考えを生み出す力を育む教育。

 ワークショップでは、VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使ったVR空間を創る基本操作を学び、「魔法使いのミュージアム」というテーマに沿ったオリジナルな世界を空間に創り出す。自分で作った世界をVRで体験した後は、グループごとに参加者同士で作品の発表を行い、感想を分かち合う。PC初心者でも、作業工程を理解して制作の本質にたどりつけるよう、体験学習形式となっている。

 教育現場での導入も意図した構成となっており、教育関係者の見学も受け付けている。見学者のための「STYLY体験コーナー」や「AR体験コーナー」が設けられ、キッズクリエイターの作品も展示される。

◆可能性の拡張!見えていないものを見える力を身につけよう!
日時:2020年3月15日(日)13:00~17:00
場所:内田洋行ユビキタス協創広場CANVAS(東京都中央区新川2-4-7)
対象:9歳~12歳
定員:24名(先着順)
※複数のWebサイトで募集中
※定員になり次第締め切る
持ち物:ノートPC、電源コード、マウス、筆記用具
費用:10,000円(税込)
※コース開始前後に行われるアンケートおよびインタビューに協力する無料枠あり
※教育関係者用の見学無料枠あり
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)