アオイゼミ、iOS版アプリがダークモード完全対応

 Z会グループのグループ会社である葵は2020年2月25日、80万人の中高生が利用するオンライン学習塾「アオイゼミ」のiOS版アプリをダークモードに完全対応させたと発表した。「健全・健康な学習設計」の取組みの一環で、さらなる学習体験の向上を目指す。

教育ICT 中学生
アオイゼミのiOS版アプリがダークモードに完全対応
  • アオイゼミのiOS版アプリがダークモードに完全対応
  • アオイゼミ
 Z会グループのグループ会社である葵は2020年2月25日、80万人の中高生が利用するオンライン学習塾「アオイゼミ」のiOS版アプリをダークモードに完全対応させたと発表した。「健全・健康な学習設計」の取組みの一環で、さらなる学習体験の向上を目指す。

 ダークモードとは、2019年9月にApple社がリリースした「iOS 13」に標準搭載された機能。黒基調のスクリーン表示で、目に優しく配慮されている。

 アオイゼミでは、中高生に安心して利用してもらえるよう、人間工学に基づいた健全・健康な学習ができる生徒中心のシステム設計を行っている。今回のダークモード完全対応も「健全・健康な学習設計」の取組みの一環。

 スクリーンの表示が黒基調に切り替わるダークモードは、暗い環境でも見やすく目に優しいため、中高生ユーザーの目を守りながら、快適で質の高い学習を支援する。中高生が使う学習系アプリでダークモードに対応しているものはまだ少なく、先進的な取組みだという。

 アオイゼミはこのほか、ユーザーが規則正しい生活を送れるよう、深夜から早朝にかけてSNS機能を閲覧のみのナイトモードに切り替えたり、不定期に開催する勉強時間を競うイベントでは、デジタル端末の長時間利用による影響を考慮して、厚生労働省が定めた「VDT作業ガイドライン」に準拠した上限を設けたりする取組みを行っている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)