早大・立命館大が卒業式と入学式中止…感染リスク回避

 早稲田大学は2020年2月27日、2019年度卒業式と2020年度入学式の中止を公表した。新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、参加者の健康面、安全面を考慮したもの。関西圏でも立命館大学や同志社大学が卒業式の中止を決定している。

生活・健康 大学生
早稲田大学
  • 早稲田大学
  • 立命館大学
  • 明治大学
  • 東京理科大学
  • 同志社大学
 早稲田大学は2020年2月27日、2019年度卒業式と2020年度入学式の中止を公表した。新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、参加者の健康面、安全面を考慮したもの。関西圏でも立命館大学や同志社大学が卒業式の中止を決定している。

 早稲田大学は、3月25日・26日に早稲田アリーナで予定していた卒業式・大学院学位授与式を中止。さらに4月1日・2日に予定していた学部入学式・大学院入学式もあわせて中止を決定した。学位記授与の方法など、関連する詳細情報については、3月6日をめどに、大学のWebサイトなどを通じて対象者に周知する予定。

 立命館大学も3月20日・21日・22日・28日に予定していた卒業式・学位授与式の中止を発表。卒業・修了予定者数は8,080人。また4月2日に行う予定だった入学式も中止する。専門家の意見も踏まえて、インフルエンザなどとは異なる特別な対応を取るべきだと判断した。卒業証書・学位記は、郵送する予定。時期は遅れるが、卒業生・修了生と関係者が集う場を設定するという。新入生を対象としたオリエンテーションや春学期の開講については、今後の状況を見極めて別途判断する。

 明治大学は3月23日に開催予定の卒業式および学位記交付を中止。代替の学位記交付方法の詳細は3月6日をめどに、大学のWebサイトで公表する。4月7日の入学式については、2月27日現在、挙行を予定している。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から実施の可否を検討しており、3月中旬をめどに公表する予定。

 東京理科大学は3月17日に予定していた学位記・修了証書授与式の中止を決定。式典後に実施予定の学部学科・研究科専攻ごとの卒業証書・修了証書授与については、各キャンパスにおいて、十分な感染症対策を施したうえでの実施の方向で検討している。

 同志社大学も卒業式・学位授与式の中止を決定している。式は中止だが、学部・学科、ゼミなどによる小規模で行う卒業証書、卒業証明書などの授与については実施する予定。授与する時間と場所は、3月10日までに大学のWebでサイトに掲載する。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)