【家庭支援】JSPO、家の中でできる運動遊びを紹介

 日本スポーツ協会は2020年3月5日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「全国の子どもたちへの応援メッセージ」を発信した。メッセージでは、感染予防と生活のリズムを整えるための留意点や、家の中でもできる運動遊びなどを紹介している。

生活・健康 小学生
日本スポーツ協会から全国の子どもたちへ応援メッセージ
  • 日本スポーツ協会から全国の子どもたちへ応援メッセージ
  • 日本スポーツ協会から全国の子どもたちへ応援メッセージ
 日本スポーツ協会は2020年3月5日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「全国の子どもたちへの応援メッセージ」を発信した。メッセージでは、感染予防と生活のリズムを整えるための留意点や、家の中でもできる運動遊びなどを紹介している。

 応援メッセージでは、新型コロナウイルスに感染しないために心と体を健康に保つことが大切だとし、「こまめに、手洗い、うがいと部屋の空気の入れ換えをしましょう」「学校はお休みだけど、早寝早起きをしましょう」「食事は朝昼晩、規則正しくとりましょう。また、おやつの食べすぎに注意しましょう」「困ったことがあれば、すぐにおうちの人や学校の先生に相談しましょう」と呼びかけている。

 また、「家の中でも、すっきりした気分で過ごすため、体を動かしましょう」「お友だちと一緒にスポーツをしたいけれど、今はがまんして、たくさん人が集まる場所へ行くことを控えましょう」と注意を促している。保護者には、家の中でもできる「運動遊び」に家族で取り組むことを提案。簡単な体操やストレッチをするだけでも、心と体の健康を保つことができるという。日本スポーツ協会のWebサイト「アクティブチャイルドプログラム」では、少ない人数や狭い場所でも楽しく遊べる「運動遊び」を紹介している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)