1人1台コンピューター整備を支援、Sky安心GIGAタブレット

 Skyは、GIGAスクール構想の実現に向けた「児童生徒1人1台コンピューター」の整備を支援するため、学習活動で活用することを考慮したタブレット端末「Sky安心GIGAタブレット」を2020年6月に発売する予定であると発表した。

教育ICT 先生
Sky安心GIGAタブレット
  • Sky安心GIGAタブレット
  • Sky安心GIGAタブレット
 Skyは、GIGAスクール構想の実現に向けた「児童生徒1人1台コンピューター」の整備を支援するため、学習活動で活用することを考慮したタブレット端末「Sky安心GIGAタブレット」を2020年6月に発売する予定であると発表した。

 「Sky安心GIGAタブレット」は、児童生徒が扱いやすい軽量でキーボードが脱着できるタブレット端末。Windows 10を搭載しているので、これまで学校で蓄積してきた教材データなどの資産も利用できる。

 また、政府の「クラウド・バイ・デフォルトの原則」にのっとり、教育センターや学校などにサーバを設置することなく活用できる学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud GIGAスクール版」を搭載している。

 「基本パッケージ(3年間利用)」は、「Sky安心GIGAタブレット」向けに最適化され、3年間利用できるブラウザ対応の学習活動端末支援システム。マイページや発表ノート、カメラ活用の機能を搭載している。自然故障保証は3年。

 「応用パッケージ(5年間利用)」は、基本パッケージの機能のほかに電子連絡板やポジショニング、シンプルプレゼンといった機能も搭載している。また、AIドリルやプログラミング教材も付属。自然故障だけでなく物損故障も保証し、保証期間は5年。3年間利用、4年間利用のパッケージも用意されている。

 「Sky安心GIGAタブレット」は、3月27日の「第3回GIGAスクール自治体ピッチ」で提案予定。当日のようすはYouTubeでライブ中継される。時間は午前11時20分から午前11時35分まで。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)