文科省、留学予定の日本人学生にメッセージ…新型コロナ受け

 文部科学省は2020年3月27日、「留学を予定・考えていた日本人学生の皆さんへ」と題したメッセージを発表。新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえ、留学の是非またはその延期の必要性について改めて検討するよう呼び掛けた。

教育業界ニュース 文部科学省
文部科学省
  • 文部科学省
  • 外務省「全世界に対する危険情報の発出」
 文部科学省は2020年3月27日、「留学を予定・考えていた日本人学生の皆さんへ」と題したメッセージを発表。新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえ、留学の是非またはその延期の必要性について改めて検討するよう呼び掛けた。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、各国では国境閉鎖、外出禁止措置、航空便の突然の減便または運行停止などにより、日本人が行動の制約を受けるといった事例が発生。また、日本人が帰国後に感染が発覚する事例が増加しているという。

 外務省は3月25日、各国・地域に発出している危険情報とは別に、全世界に対して一律に危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」を発出。このような状況を踏まえ、留学を予定・考えていた日本人学生に対し、留学の是非またはその延期の必要性について改めて検討するよう呼び掛けた。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)