【休校支援】リブリー、受験研究社の参考書&問題集を8月末まで無償提供

 Libryと増進堂・受験研究社は、休校などにより家庭学習に取り組む中学生を支援するため、個人・学校・自治体に対し、中学生向け学習参考書「自由自在」と「標準問題集」のデジタル版を8月末まで無償提供する。

教育ICT 中学生
「自由自在」「標準問題集」を無償提供
  • 「自由自在」「標準問題集」を無償提供
  • Libry
  • 「自由自在」「標準問題集」
 Libryと増進堂・受験研究社は、休校などにより家庭学習に取り組む中学生を支援するため、個人・学校・自治体に対し、中学生向け学習参考書「自由自在」と「標準問題集」のデジタル版を8月末まで無償提供する。

 スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒ひとりひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるデジタル教科書・教材。現在、500以上の中学校・高等学校に提供している。

 一方、増進堂・受験研究社の発行する参考書「自由自在」は、累計2,600万部を超える基礎から高校受験まで中学3年間使えるベストセラー参考書。また、「標準問題集」も中学生用の定番問題集として実績があり、基本問題・標準問題・実力問題の3段階で、無理なく学力アップを図ることができる。

 Libryと増進堂・受験研究社はこのたび、休校などによって家庭学習に取り組む中学生を支援するために、「自由自在」と「標準問題集」をデジタル化し、「リブリー」にて無償で提供する。提供開始日は「標準問題集」数学(中学1年、中学2年、中学1~3年)、英語(中学1年、中学2年、中学1~3年)が5月25日、「自由自在」(数学、英語、理科、社会)が6月1日に一部科目から順次提供する。さらに「問題検索」や「復習支援」などの学習サポート機能が豊富なデジタル問題集版の「標準問題集」も準備ができ次第公開予定。提供期間は8月31日まで。

 個人での利用も学校・自治体での利用も可能。個人の場合、公式LINEアカウントのトーク画面に「#libry」と入力すると、LINE上で送付されるリンク先とID/パスワードでログインし利用できる。「LEARN at HOMEプロジェクト」に未登録の場合は、事前にWebサイトより登録すること。学校・自治体で申し込む場合は、申込フォームにて必要事項を入力のうえ、申し込むこと。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)