関西学院大「ヘックス型奨学金」創設…年収400万円未満は返済猶予

 関西学院大学は、新型コロナウイルス感染症拡大により、経済的に困窮している学生に対し、緊急支援の「特別支給2020奨学金」と「関学ヘックス(HECS)型貸与奨学金」を創設。このほど詳細が確定し、Webサイトに公開した。

教育・受験 大学生
関西学院大学
  • 関西学院大学
  • 学生への緊急支援について
 関西学院大学は、新型コロナウイルス感染症拡大により、経済的に困窮している学生に対し、緊急支援の「特別支給2020奨学金」と「関学ヘックス(HECS)型貸与奨学金」を創設。このほど詳細が確定し、Webサイトに公開した。

 「特別支給2020奨学金」は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う家計急変により学費納入が困難になった学生を対象とする支給奨学金。奨学金額は、学費相当額(授業料、実験実習費、教育充実費)の2分の1(1,000円未満切り捨て)。ただし、上限は40万円とする。Webサイトに出願のしおりを掲載している。第1次締切りは2020年6月8日、2次は6月30日、3次は7月14日必着まで。社会情勢により再度募集期間を設ける場合は、Webサイトに掲載する。

 さらに、アルバイト収入の減少などにより経済的に困窮している学生へ「関学ヘックス(HECS)型貸与奨学金」を創設。オーストラリアで普及している学費後払い制度の関西学院大学版で、就職後、年収が400万円以上になってから返済する奨学金。奨学金は無利子で、3万円以上(1万円単位)から貸与し、年間授業料相当額を限度(万円未満切り捨て)とする。返還は、課税所得(年収)が400万円に達するまで猶予し、400万円に達した翌年度より返還を開始する。

 なお、返還開始後に400万円を下回った場合は、当該年度の翌年度の返還は猶予される。返還は前年度年収の3%(年額)を下限とする。たとえば、年収400万円であれば、おおむね年額12万円(月額1万円)を一括または分割(年賦)にて返還する。出願の第1回期限は6月26日とする。資格や必要書類などは、Webサイトからダウンロードできる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)