教育長、女性の割合が過去最高…教育行政調査

 2019年5月1日時点の女性教育長の割合は、都道府県で8.5%、市町村で5.0%といずれも過去最高となったことが、文部科学省が2020年6月18日に発表した教育行政調査の中間報告より明らかになった。

教育・受験 その他
女性の教育長数および教育長全体に女性が占める割合の推移
  • 女性の教育長数および教育長全体に女性が占める割合の推移
  • 教育長の平均年齢の推移
  • 年齢別教育長数の推移
  • 類型別教育委員会数の推移
 2019年5月1日時点の女性教育長の割合は、都道府県で8.5%、市町村で5.0%といずれも過去最高となったことが、文部科学省が2020年6月18日に発表した教育行政調査の中間報告より明らかになった。

 教育行政調査は、教育委員会の組織などの状況を明らかにするため、文部科学省が地方教育費調査の一部として隔年で実施。都道府県および市町村教育委員会を対象に、教育委員会の類型や教育長・教育委員の構成、事務局本務職員数などを調査している。

 2019年5月時点の教育委員会数は1,856。このうち、市町村教育委員会の数は1,809。一部事務組合の解散などにより、前回調査(2017年度)から2減少した。

 教育長総数のうち女性が占める割合は、都道府県で8.5%(前回調査から2.0ポイント上昇)、市町村で5.0%(同0.8ポイント上昇)といずれも過去最高となった。教育長の平均年齢は、都道府県で61.0歳(同0.3歳低下)、市町村で64.1歳(同0.2歳上昇)となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)