エプソン、高耐水性のA3対応インクジェットプリンターなど4機種発売

 エプソンは、ビジネス向けインクジェットプリンターの新商品として、本体に大容量インクタンクを搭載した「エコタンク搭載モデル」4機種を、2020年7月9日に発売すると発表した。

デジタル生活 小学生
「PX-M6712FT」と「PX-M6711FT」
  • 「PX-M6712FT」と「PX-M6711FT」
  • 「PX-M791FT」
  • 「EW-M5610FT」
  • 高い設置性
  • 高画質
  • 「PX-M6712FT」「PX-M6711FT」「PX-M791FT」の違い
 エプソンは、ビジネス向けインクジェットプリンターの新商品として、本体に大容量インクタンクを搭載した「エコタンク搭載モデル」4機種「PX-M6712FT」「PX-M6711FT」「PX-M791FT」「EW-M5610FT」を、2020年7月9日に発売すると発表した。

 「PX-M6712FT」と「PX-M6711FT」は、A3ノビ(A3より一回り大きいサイズ)カラー インクジェット複合機で、A3サイズのスキャンに対応。両機種は印刷速度など一部性能が異なる。「PX-M791FT」は、A4カラーインクジェット複合機。

 3機種とも、従来機種よりコンパクト設計で、特に「PX-M6712FT」と「PX-M6711FT」は従来機種「EW-M5071FT」に比べ体積比で約30%削減、設置面積で約20%削減を実現している。さらに、新開発の全色顔料インク搭載により「高画質」で、耐水性が高く濡れても、マーカーを引いてもにじみにくく、裏移りしにくいという。エコタンク搭載モデルならではの消耗品交換の手間軽減や、トータルコスト(本体価格とランニングコスト)を抑えながら気軽に印刷できることも特長としている。

「PX-M6712FT」「PX-M6711FT」「PX-M791FT」の違い
 「EW-M5610FT」は、顔料黒と染料カラーのA3ノビカラーインクジェット複合機で、スキャナーとFAX(送信)はA4サイズまで対応。上記モデルよりさらに、低印刷コストを実現しているという。

 価格はいずれもオープンプライスで、エプソンダイレクトショップ販売価格(税別)は、「PX-M6712FT」が139,980円、「PX-M6711FT」が109,980円、「PX-M791FT」が89,980円、「EW-M5610FT」が69,980円(7月9日時点)となっている。

 ビジネス向けインクジェットプリンターは、企業のほか、学校の職員室や保健室、個人塾や家庭でも利用されていて、特に中学受験家庭ではA3サイズ対応プリンターのニーズが高い。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)