小学生対象「国土と交通に関する図画コンクール」9/30まで

 国土交通省は、2020年度(令和2年度)「国土と交通に関する図画コンクール」において全国の小学生から作品を募集している。締切りは2020年9月30日(必着)。応募は原則として学校単位で受け付ける。

教育・受験 小学生
2020年度(令和2年度)「国土と交通に関する図画コンクール」
  • 2020年度(令和2年度)「国土と交通に関する図画コンクール」
  • 国土交通省
 国土交通省は、2020年度(令和2年度)「国土と交通に関する図画コンクール」において全国の小学生から作品を募集している。締切りは2020年9月30日(必着)。応募は原則として学校単位で受け付ける。

 「国土と交通に関する図画コンクール」は、人々の生き生きとした暮らしを支え、安全・安心で豊かな経済社会を実現するための国土交通省のさまざまな取組みについて、明日を担う子どもたちの理解を深めることが目的。

 「道路、橋、川、駅、空港、港のある風景」「鉄道、自動車、船、飛行機などの乗り物」「地域の日常の光景や人々の暮らしのようす」「未来の都市や乗り物」といった、国土交通省(海上保安庁、気象庁、観光庁、運輸安全委員会を含む)の仕事に関係する作品を募集している。

 対象は、全国の小学1年生から6年生。作品は、四つ切り画用紙を使用。画材は、水彩絵の具、アクリル絵の具、クレヨン、色鉛筆、ボールペンなど自由だが、油絵の具と貼り絵は不可。応募は1人1点、未発表のものに限る。国土交通省のWebサイトでは、2019年度のコンクール入賞作品を公開している。

 応募は原則として学校単位で受け付けるが、学校内で複数の応募がない場合などは個人での応募も受け付ける。一部の県では、県内の応募作品を取りまとめて送付している場合もあるので、不明な際には大臣官房広報課に照会すること。

 応募は9月30日(必着)まで。作品は外部有識者や国土交通省職員による審査を行い、国土交通大臣賞(各学年1点、計6点)など各賞を決定する。審査結果の発表は11月を目途に各学校に通知するほか、国土交通省のWebサイトで公表する。

 2021年2月ごろ、東京都千代田区にある「科学技術館」で入賞作品展を実施する予定だという。

◆国土と交通に関する図画コンクール
課題:国土交通省(海上保安庁、気象庁、観光庁および運輸安全委員会を含む)の仕事に関係するもの
【例】
・道路、橋、川、駅、空港や港のある風景
・鉄道、自動車、船、飛行機などの乗り物
・道路やビルなどの工事現場のようす
・地域の日常の光景や人々の暮らしのようす
・住んでいるまちのようす
・巡視船などの活動のようす、気象衛星、観光地のようす
・未来の都市や乗り物など
応募資格:全国の小学1年生~6年生
作品規定:
・四つ切り画用紙(38cm×54cm)を使用する
・画材は、水彩絵の具、アクリル絵の具、クレヨン、色鉛筆、ボールペンなど(油絵の具や貼り絵は不可。これら以外であれば自由)
・応募は1人1点、未発表のものに限る
応募方法:原則として学校単位で受け付ける
※学校内で複数の応募がない場合などは、個人での応募も受け付ける
※一部の県では、県内の応募作品を取りまとめて送付している場合がある。不明な際には大臣官房広報課に照会すること
締切り:2020年9月30日(水)必着
賞:
・国土交通大臣賞 6点(各学年1点)
・優秀賞 18点(各学年3点)
・佳作 60点(各学年10点)
・審査員特別賞 数点
発表:2020年11月を目途に各学校に通知するほか、国土交通省のWebサイトで公表
表彰:国土交通省から賞状、協賛団体から副賞を贈呈。国土交通大臣賞は、国土交通省で表彰を行う予定
展示会:2021年2月ごろ、「科学技術館(東京都千代田区)」で入賞作品展を行う予定
※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)