SAPIXとAEONによる英語教室開校…小学生向け

 SAPIXとAEONによる新たな英語教室「SAPIX English」が2020年7月17日に開校する。コースは、小学2年生向け「小学生コース」と、帰国生入試を目指す小学5年生向け「帰国生コース」。2コースとも代々木教室で実施する。

教育・受験 小学生
SAPIX English
  • SAPIX English
  • 小学生コース
  • 帰国生コース
  • 教室へのアクセス
 SAPIXとAEONによる新たな英語教室「SAPIX English」が2020年7月17日に開校する。コースは、小学2年生向け「小学生コース」と、帰国生入試を目指す小学5年生向け「帰国生コース」。2コースとも代々木教室で実施する。

 SAPIXを展開する日本入試センターと英会話教室を運営するAEON(イーオン)は、2019年11月12日に業務提携契約の締結を発表した。受験指導に強みを持つSAPIXと英会話講師の育成やオリジナルの教材カリキュラムに強みを持つAEONが互いのノウハウを共有することで、グローバル人材育成のために新たな英語教育の可能性を創出していくという。

 SAPIX Englishは、詰め込み式や暗記式ではない、本物の英語力を身に付ける。小学校のうちからしっかり「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を鍛え、レベルの高い4技能の習得を目指す。低学年から段階的に構成されたシステムで、無理なく英語力を積み上げる。そして、子どもたちに英語学習を通して「時代を生き抜く力」を育む。コースは、小学2年生向け「小学生コース」と、帰国生入試を目指す小学5年生向け「帰国生コース」。どちらも対象はサピックス生に限る。

 小学生コースは、英語が未修であることを前提に授業を実施。教室での授業は、ネイティブ講師による「話す・聞く」中心の授業と日本人講師による「読む・書く」中心の授業をそれぞれ50分行う。家庭学習は、パソコン・スマートフォンなどで学ぶ電子教材「i-CLUB」や「Workbook」「CD・DVD」で行う。授業料は月額2万7,500円(税込)。別途管理費として、1万3,200円(税込)が半期(6か月)に1度かかる。なお、7月17日と18日、19日に開講説明会を実施する。

 帰国生コースは、帰国生入試や難易度の高い英語選択入試を検討中で、英検準2級レベル以上の英語力のあるサピックス生が対象。教室での授業は、ネイティブ講師によるアウトプット中心の授業と、日本人講師による文法中心の授業をそれぞれ60分行う。授業料は月額3万3,000円(税込)。受講希望者は、7月25日実施の受講資格認定テストを受験する必要がある。テスト時間内に保護者対象の開講説明会を開催する。

 次年度以降、3年生以上の「小学生コース」を順次開講予定。

◆SAPIX English
【小学生コース】
対象:小学2年生のサピックス生
授業:50分授業×2コマ
授業料:月額2万7,500円(税込)
※別途管理費として、1万3,200円(税込)が半期(6か月)に1度かかる
コース:
火曜日コース 16:30~18:20
金曜日コース 16:30~18:20
土曜日(1)コース 10:30~12:20
土曜日(2)コース 14:30~16:20
※曜日(コース)選択制、授業の振替はできない
申込受付期間:2020年7月20日(月)10:00~7月31日(金)15:00
教室:SAPIX English代々木教室(東京都渋谷区代々木1-30-6)

【帰国生コース】
対象:小学5年生で英検準2級レベル以上の英語力のあるサピックス生
授業:60分授業×2コマ
授業日:木曜日17:30~19:30
授業料:月額3万3,000円(税込)
受講資格認定テストの申込受付期間:2020年7月2日(木)10:00~7月24日(金・祝)15:00
教室:SAPIX English代々木教室(東京都渋谷区代々木1-30-6)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)