レゴブロック型ロボット「マウンジ」プログラミング可能

 AJAXは2020年6月25日、プログラミングできるレゴブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」を発売した。販売価格は、オープンプライスで直販では3万6,000円から6万円までの3種類を用意している。

教育ICT 小学生
マウンジ
  • マウンジ
  • AJAX
 AJAXは2020年6月25日、プログラミングできるレゴブロック型ロボット「マウンジ(MAUNZI)」を発売した。販売価格は、オープンプライスで直販では3万6,000円から6万円までの3種類を用意している。

 「マウンジ(MAUNZI)」は、動きやセンサーなどさまざまなキューブを組み合わせておもちゃのロボットを作ることができる「キューブ組み立て式」のロボットキット。6歳以上の子どもから大人までを対象としており、楽しく遊んでいるだけで論理的な思考が自然に身に付き、プログラミングやロボットの運動原理を理解することができる。

 すべてのキューブは標準的なレゴブロックと完全互換性があり、レゴブロックで自分好みのロボットをデザインすることができる。コーナーを丸くして、子どもが怪我をしないように工夫している。ロボットキットは、4輪車ロボットなど2つのキャラクターが作れる「MAUNZI Dynamic Wheeler Kit」、キャノン砲弾つき4輪車ロボットなど3つのキャラクターが作れる「MAUNZI Burning Cannon Kit」、自由自在に作れる「MAUNZI Full Performance Kit」の3種類がある。

 ロボットは、無料提供しているスマホ用アプリ「MAUNZI RC」をダウンロードしてリモートコントロールしたり、本体の操作ボタンで手動で動かしたりできる。タブレット用プログラミングアプリ「MAUNZI LAB」を無料提供しており、ブロックを利用したビジュアルプログラミングでロボットを精巧に制御することが可能。

 現在は、思ったとおりの動きを表現する「動的キューブ」と、より複雑なロボット作りを応援する「静的キューブ」のみ。今後は、マイクキューブやカメラ撮影キューブなど、別の拡がりを持ちより楽しめる「センサーキューブ」の開発を進めているという。新しいキューブは随時発売していく予定。

◆ブロック型プログラミングロボット「MAUNZI」
対応機種:AndroidOS/Ver4.4以上、iPhoneOS/Ver12.0以上、iPadOS/Ver12.0以上
ブロック互換性:レゴブロック完全互換(stud-and-tube coupling system)
電池:7.4V、1120mAh、Li-Polymer充電池内蔵
最大使用可能時間:連続約50分未満
通信規格:Bluetooth Ver4.0BLE
走行速度:0.7m/s
内蔵センサー:スピーカー、LED、USBケーブル、ジャイロセンサー(MEMS system)
ファームウェアアップデート:Webサイトにて随時案内する
生産国:韓国
価格:オープンプライス
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)