小学生コースは標高差420m「新潟ヒルクライム」9/6

新潟市は、壮大な越後平野や日本海など風光明媚な新潟の魅力を体感できる「2020新潟ヒルクライム」を9月6日(日)に開催する。

趣味・娯楽 小学生
大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
  • 大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
  • 大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
  • 大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
  • 大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
  • 大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始
新潟市は、壮大な越後平野や日本海など風光明媚な新潟の魅力を体感できる「2020新潟ヒルクライム」を9月6日(日)に開催する。

「2020新潟ヒルクライム」は、岩室温泉から弥彦山を舞台にした大人から子どもまで楽しめるタイムレースだ。標高634mの弥彦山を駆け上がる。弥彦山スカイラインがヒルクライムコースとなり、広大な越後平野と佐渡島を望む日本海を見渡すことができる。

日本スポーツ協会が定めた「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」などに基づき、予防措置を図った上で開催。参加者全員による体調確認票の提出、競技・練習中以外のマスク着用、大声での会話や応援の自粛などを実施し、新型コロナウイルスの感染拡大を予防する。

コースは、中学生以上がコース総長7.6km、標高差520m、平均勾配5.5%、小学生がコース総長5.3km、標高差420m、平均勾配7.9%。ゴール後は、参加賞の無料入浴券で岩室温泉と弥彦温泉を楽しめる。また、ヒルクライム参加者には温泉街各店特製の昼食がふるまわれる。

開催日時は、9月6日(日)午前6時30分~正午。定員600名。参加料 一般6,000円、高校生以下4,000円、小学生+伴走者7,000円(2人で)。申込みはスポーツエントリーから行う。申込期間は7月1日(水)午後7時~8月2日(日)午後11時59分まで。

大人から子どもまで楽しめる「新潟ヒルクライム」エントリー受付7/1開始

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)