【高校受験2021】神奈川県公立高入試、募集案内など公表

 神奈川県教育委員会は2020年7月9日、2021年度(令和3年度)神奈川県公立高校入学者選抜の「募集案内」「実施要領」「選考基準および特色検査の概要」を公表した。中学3年生と保護者向けの「募集案内」は、県内の国公立中学校には7月13日までに配付される予定。

教育・受験 中学生
入学者選抜の日程
  • 入学者選抜の日程
  • 入学者選抜の日程
  • 入学者選抜のながれ
  • 入学者選抜のながれ
 神奈川県教育委員会は2020年7月9日、2021年度(令和3年度)神奈川県公立高校入学者選抜の「募集案内」「実施要領」「選考基準および特色検査の概要」を公表した。中学3年生と保護者向けの「募集案内」は、県内の国公立中学校には7月13日までに配付される予定。

 2021年度神奈川県公立高校入学者選抜について、制度の概要や具体的な手続きを周知するため、中学3年生と保護者向けに「募集案内」、中学校・高校の教職員向けに「実施要領」を作成した。

 「募集案内」には、4月30日に公表した2021年度入学者選抜の日程をはじめ、入学者選抜制度の概要、入学者選抜に関する基本事項Q&A、各校の選考基準、調査書や面接シートの見本、県内私立高校入学者選抜の概要、就学援助制度の概要などを掲載。「実施要領」では、募集区分ごとの志願から入学までの具体的な手続き、提出書類の様式などを定めている。

 「選考基準および特色検査の概要」によると、学力検査は全日制5教科、定時制3教科を実施するが、全日制で特色検査を実施する場合は3教科まで教科数を減らす場合がある。特色検査は「自己表現検査」と「実技検査」があり、横浜翠嵐など4校の「学力向上進学重点校」、川和など13校の「学力向上進学重点校エントリー校」の自己表現検査では、共通問題と共通選択問題を用いて実施する。

 選考基準一覧表には、各校の学科ごとの選考基準について、資料の取扱い比率や重点化する教科の内容、面接の評価の観点、学力検査の実施教科などをまとめている。特色選抜の概要では、自己表現検査や実技検査の実施校、評価の観点、検査の概要を一覧にしている。

 各資料は神奈川県教育委員会のWebサイトに掲載。募集案内と実施要領は、県内の各教育関係機関や地域県政総合センター(地域県政情報コーナー)などに配布。「募集案内」は、県内の国公立中学校の3年生と教員に7月13日までに配付予定。

 このほか、神奈川県教育委員会のWebサイトでは7月9日、障害などにより通常の受検が困難な人、病気など特別な理由で中学校を長期間欠席した人を対象に「特別な事情のある人の学力検査等での配慮について」も掲載。中学校の先生と相談のうえ、申請内容について確認してほしいとしている。

 また、県外や海外在住で神奈川県に転居予定で受検する人、県内在住で県内の公立中学校に在籍していない人などを対象に12月5日には志願者説明会を開催する。会場は横浜市鶴見公会堂。なお、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、変更や中止となる場合があるという。

 2021年度神奈川県公立高校入学者選抜における共通選抜の日程は、2021年1月28日から2月1日(土日を除く)まで願書受付、2月4日から8日(同)まで志願変更、2月15日に学力検査、2月15日から17日に面接および特色検査、2月22日に追検査、3月1日に合格発表を行う。

 新型コロナウイルス感染症に係る対応として、追検査を含め、2月の検査を受検できなかった生徒を対象に3月10日には追加の検査を実施する。追加の検査の合格発表は3月17日。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)