【大学受験2021】東京都市大「高校生のための原子力研究所見学会」8/2

 東京都市大学原子力安全工学科は2020年8月2日、高校生のための原子力研究所見学会を開催する。王禅寺キャンパスにある原子力研究所の見学のほか、准教授らによるセミナーを実施する。申込みは大学Webサイトで受け付けている。

教育・受験 高校生
高校生のための原子力研究所見学会の開催について
  • 高校生のための原子力研究所見学会の開催について
  • 東京都市大学
  • 原子力安全工学科
 東京都市大学原子力安全工学科は2020年8月2日、高校生のための原子力研究所見学会を開催する。王禅寺キャンパスにある原子力研究所の見学のほか、准教授らによるセミナーを実施する。申込みは大学Webサイトで受け付けている。

 原子力安全工学科は、長年培ってきた原子力の研究、教育の実績、経験を生かした実機・実物による教育実習・訓練を重視し、現場の実務に即応し得る技術者・技能者の養成を目指している。2019年度には「原子力人材入試(総合型選抜・1段階選抜制)」を新設し、原子力工学の分野での活躍を強く考えている学生を募集している。

 原子力人材入試では、出願時に提出する「課題レポート」について「課題1:研究発表型」「課題2:社会科学型」「課題3:セミナー参加型」「課題4:参考図書型」の4つの選択肢を設けており、今回開催する「高校生のための原子力研究所見学会」は、「課題3:セミナー参加型」の対象のイベントとなっている。

 当日は、王禅寺キャンパスにある東京都市大学原子力研究所内の原子炉室、武蔵工大炉、タンデム加速器などを見学。その後、原子力人材育成セミナーと題し、「加速器利用工学入門~量子ビームが拓く世界~」「似た者どうしをどう分ける?放射線の化学への応用」の2つのセミナーを実施する。おもな対象は受験生となる高校3年生だが、既卒生や保護者、付き添いでの参加も可能。申込みはWebサイトで受け付けている。

 なお、2021年度の原子力人材入試(総合型選抜・1段階選抜制)の出願期間は、2020年9月15日から23日、試験日は10月10日となっている。

◆高校生のための原子力研究所見学会
日時:2020年8月2日(日)10:00~12:00
場所:東京都市大学 王禅寺キャンパス・原子力研究所(神奈川県川崎市麻生区王禅寺971)
対象:高校生、既卒生、保護者、付き添いも参加可
申込方法:大学Webサイトより申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)