学生向けものづくりハッカソン、オンライン開催9/26・27

 ディスカバリー・ジャパンは2020年9月26日と27日、18歳以上の学生を対象に「Discovery Hackathon 2020」をオンライン開催する。参加無料。応募は、特設サイトにて8月23日まで受け付ける。

教育イベント 大学生
Discovery Hackathon 2020
  • Discovery Hackathon 2020
  • 2019年の最優秀賞チーム
  • 渡邊恵太氏
  • 池澤あやか氏
 ディスカバリー・ジャパンは2020年9月26日と27日、18歳以上の学生を対象に「Discovery Hackathon 2020」をオンライン開催する。参加無料。応募は、特設サイトにて8月23日まで受け付ける。

 ハッカソンとは、チームメンバーが技術やアイデアを持ち寄り、短期間に集中して与えられたテーマを解決するためのプロトタイプを開発し、成果を競う開発イベント。2019年に開催された第1回「Discovery Hackathon」では、全国からの応募者約200名の中から抽選で86名を選出、18チームに分かれ2泊3日にわたるプログラムを実施。厳正な審査のもと、遠隔からイベントや展示会を楽しめるロボットを開発したチームが最優秀賞に選ばれた。

 2020年は新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、完全オンラインで開催。「『あたりまえ』をハックせよ」をテーマに、「Distance(距離のあたりまえ)」、「Use(使い方のあたりまえ)」「Mix(構成要素のあたりまえ)」という3つのキーワードから、ニューノーマル(新常態)における新たなサービスやプロトタイプの開発にチャレンジする。

 当日はゲストスピーカーとして渡邊恵太氏が登場し、審査員は2019年に引き続きタレントでエンジニアの池澤あやか氏などが務める。最優秀賞には10万円、優秀賞には5万円が贈られるほか、 ディスカバリー・ジャパン賞やダイフク賞なども用意している。

 対象は、18歳以上の学生(高専・専門学校・大学生・大学院生)で、ハードウェア、ソフトウェア・アプリ開発に興味のある者。4人1組のチームで応募でき、開催期間すべてに参加できることが条件。ハッカソンは日本語で行われるが、 海外からのエントリーも可能。

 参加無料。応募は、特設サイトにて受け付けている。締切りは8月23日。

◆Discovery Hackathon 2020
日時:2020年9月26日(土)・27日(日)
形式:完全オンライン開催(事務局はロフトワークに設置)
対象:
・学生(高専・専門学校・大学生・大学院生)
・18歳以上の学生
・ハードウェア、ソフトウェア・アプリ開発に興味のある者
参加条件:
・4人1組のチームで応募できる者
・開催期間すべてに参加できる者
締切:2020年8月23日(日)
参加費:無料
応募方法:特設サイトにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)