小中高教員「算数/数学・授業の達人」大賞、東京理科大

 東京理科大学は、小中高校などにおいて優れた授業を実践した数学科の教員を顕彰する「第13回《算数/数学・授業の達人》大賞」を開催する。コロナ禍での遠隔授業を含めた実践やアクティブラーニングなど、工夫をこらした授業なども求めている。応募締切は2020年11月6日。

教育業界ニュース その他
第13回《算数/数学・授業の達人》大賞
  • 第13回《算数/数学・授業の達人》大賞
 東京理科大学は、小中高校などにおいて優れた授業を実践した数学科の教員を顕彰する「第13回《算数/数学・授業の達人》大賞」を開催する。コロナ禍での遠隔授業を含めた実践やアクティブラーニングなど、工夫をこらした授業なども求めている。応募締切は2020年11月6日。

 主催・企画は、東京理科大学 理数教育研究センター・数学教育研究所。共催は、東京理科大学 数学教育研究会。2016年までは「《数学・授業の達人》大賞」だったが、2017年から「《算数/数学・授業の達人》大賞」として実施。意欲的な実践・研究や創意あふれる指導により、優れた授業を実践した数学科の教員を顕彰している。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)