9月入学、教員増員に最大1兆5,387億円…文科省試算

 9月入学(秋季入学)への移行に伴い、公立小中高校教員の増員による影響額が最大約1兆5,387億円となることが、文部科学省の試算結果から明らかになった。大学の減収額は、国公私立あわせて約1兆518億円にのぼるという。

教育業界ニュース 文部科学省
秋季入学に関する課題への対応策と必要な考慮点等について(教職員の増員)
  • 秋季入学に関する課題への対応策と必要な考慮点等について(教職員の増員)
 9月入学(秋季入学)への移行に伴い、公立小中高校教員の増員による影響額が最大約1兆5,387億円となることが、文部科学省の試算結果から明らかになった。大学の減収額は、国公私立あわせて約1兆518億円にのぼるという。

 文部科学省は、秋季入学への移行で生じる課題を想定しておくため、関係省庁から聴取し、影響額を試算。9月1日を学年の始期とし、2021年度以降の小学校の新入生の範囲を9月~翌年8月生まれとする場合について、「1年での一斉実施(パターン1)」「5年での段階的実施(パターン2)」を提示した。ただし、秋季入学の案は、このパターンに限定するものではないという。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)