ファミリー発明コンテスト、9月末までアイデア募集

 アイデア権利化サポート集団・EUREKA BANKは、家で過ごす時間が長くなった今夏、家族での時間を有効活用して「発明家」を目指すアイデアコンテストを開催する。締切りは9月30日(必着)。グランプリには、最大40万円の特許取得費用と30万円相当の副賞を贈呈する。

趣味・娯楽 小学生
第1回ファミリー発明コンテスト
  • 第1回ファミリー発明コンテスト
  • EUREKA BANK
 アイデア権利化サポート集団・EUREKA BANKは、家で過ごす時間が長くなった今夏、家族での時間を有効活用して「発明家」を目指すアイデアコンテストを開催する。締切りは9月30日(必着)。グランプリには、最大40万円の特許取得費用と30万円相当の副賞を贈呈する。

 第1回ファミリー発明コンテストは、家族が一致団結して「発明家」を目指す企画。「毎日の生活にどんなものがあったら便利?」「どんな世の中になったらみんなが幸せになれる?」など、普段なかなか話す機会のないテーマについて考えるきっかけとすることができる。

 グランプリ(1名)には最大40万円の特許取得費用と30万円相当の副賞、準グランプリ(2名)には最大20万円の特許取得費用と15万円程度の副賞を贈呈。ただし、グランプリ、準グランプリは該当作品なしの可能性もある。また全応募家族に参加賞として、タピオカミルクティー専門ブランド「CoCo都可」のドリンクチケット(Mサイズ/6枚綴り)を、1家族につき1セット贈呈する。

 審査は、エウレカバンクの知財専門家チーム(弁理士、ビジネスコンサルタントなど)が実施。書類審査による一次審査の結果は、10月26日にエウレカバンクWebサイトにて発表。その後、審査員にアイデアを説明する二次審査があり、12月上旬に受賞作品が決定する。

 募集要項の記載事項を承諾のうえ、専用の応募用紙で応募すること。1チーム5点まで応募可能。締切りは9月30日(必着)。

◆第1回ファミリー発明コンテスト
応募資格:2名以上の家族で応募
※保護者の承諾があれば、子ども(高校生以下)1人でも応募可能
締切:2020年9月30日(水)必着
応募方法:募集要項の記載事項を承諾のうえ、専用の応募用紙で応募する
※応募作品は返却しない
※1チーム5点まで応募可能
※他人の作品をまねたものや類似のもの、過去に発表したことがあるものは対象外
※著作権の存続しているイラスト、キャラクターなどは使用しないこと
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)