学生向け就業体験「オンラインしごと体験」9/1リリース

 若者や障害者の就職支援を行うエンカレッジと大学生向けインターンシップなどを提供するJAEは共同で、学生がオンライン上で仕事の疑似体験ができるサービス「オンラインしごと体験」を2020年9月1日にリリースする。

教育・受験 大学生
オンラインしごと体験
  • オンラインしごと体験
  • オンラインしごと体験の概念図
  • しごとサンプルの取り組みの流れ
  • しごとサンプルの具体例
 若者や障害者の就職支援を行うエンカレッジと大学生向けインターンシップなどを提供するJAEは共同で、学生がオンライン上で仕事の疑似体験ができるサービス「オンラインしごと体験」を2020年9月1日にリリースする。

 コロナ禍により、インターンシップを始めとした就業体験の機会が減少。学生は、仕事や働くことへの具体的なイメージを持てないまま就職活動に臨むことになり、ミスマッチが発生することが予想される。また、企業側も、昨今の社会情勢では従来行っていたインターンなどの受け入れが難しく、特に採用に直結しない就業体験の機会は提供しづらくなっている。そこで、企業が直接受け入れをしなくても、学生自身で「いつでも・どこでも・だれでも」仕事を体験できるオンラインの就業体験サービス「オンラインしごと体験」を開発した。

 学生の「オンラインしごと体験」への登録は無料。コンテンツ「しごとインタビュー:職業人のインタビュー動画からさまざまな仕事や働き方を知る」「しごとサンプル:会社で実際に行われる仕事の一部を体験する」「オンラインインターン:企業から与えられる仕事の課題に取り組む」の3つを通じて、段階的に仕事について知る、体験できる仕組みになっている。会社や業界ではなく、「仕事」そのものへの理解を深めることにより、学生が仕事の中身や働くイメージを持てるようになることを目的としている。

 しごとサンプルは、企業で実際に行われる仕事を想定した業務や作業を、オンラインで体験できるコンテンツ。30分で気軽に体験できるものから2時間程かけてじっくり取り組むものまである。学生は興味のある職種や試したいスキルで検索し、それにマッチする仕事を体験することで、自身の職業適性やスキルの把握につながる。

 「オンラインしごと体験」の申込受付は、9月1日午後3時から開始する。また、学生・教育関係者を対象に、リリース記念説明会「コロナ時代、オンラインのしごと体験で就活準備を進めよう!」を9月9日にオンラインで開催する。オンラインしごと体験の趣旨や活用方法の説明のほか、協力企業や大学関係者による意見交換・学生に向けてのメッセージなどを紹介する。開催はZoomを利用。定員は50人、参加費は無料。参加希望者は、Webサイトから申し込む。

◆リリース記念説明会「コロナ時代、オンラインのしごと体験で就活準備を進めよう!」
日時:2020年9月9日(水)13:30~15:00
対象:全国の学生、大学等教育関係者
参加方法:Zoomを利用
定員:50人
申込方法:Webサイトから申し込む
参加費:無料
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)