【中学受験2021】【高校受験2021】北海道私立入試、定員や出願期間など発表

 北海道私立中学高等学校協会は2020年8月31日、2021年度(令和3年度)の私立中学校・高等学校入試日程一覧を発表した。各校の定員や願書受付期間、試験科目などを一覧にまとめている。

教育・受験 中学生
北海道私立中学高等学校協会
  • 北海道私立中学高等学校協会
  • 2021年度私立高校(全日制)一般入試日程等一覧
  • 2021年度私立高校(全日制)推薦入試日程等一覧
  • 2021年度私立中学校一般入試・推薦入試日程等一覧
 北海道私立中学高等学校協会は2020年8月31日、2021年度(令和3年度)の私立中学校・高等学校入試日程一覧を発表した。各校の定員や願書受付期間、試験科目などを一覧にまとめている。

 道内の私立高校(全日制)のうち、2021年度一般入試を実施するのは47校。藤女子と北嶺は高校からの募集はなく、北星学園余市は予約面接試験のみとなる。北星学園余市を含めた48校の募集定員は、合計1万977人。

 一般入試の学科試験などの実施日は、A日程(2021年2月16日または16・17日)とB日程(2021年2月19日または19日・20日)があり、実施校はA日程が36校、B日程が11校。

 このうち、A日程の札幌光星は、定員が普通科360人、願書受付期間が1月22日から2月4日。帯広・北見・稚内・釧路・函館でも試験を実施する。函館ラ・サールの定員は、特進コース40人を含む普通科200人。出願期間は2月2日と3日。札幌・旭川・帯広・北見のほか、本州各都市でも試験を行う。

 B日程の立命館慶祥は、定員が普通科305人、願書受付期間が11月30日から2021年2月4日。帯広・釧路・函館・北見・旭川でも試験を実施する。札幌第一の定員は、文理北進240人、文理選抜80人、総合進学80人の計400人。願書受付期間は1月15日から2月4日。帯広・釧路・北見・旭川・函館・岩見沢・小樽・苫小牧でも試験を行う。

 このほか、札幌新陽では学科試験は行わず、1月23日の単願入試(推薦入試)と2月19日の一般入試をいずれもオンライン面接で実施。出願もインターネットで受け付ける。

 私立中学校は、13校が一般入試を実施し、1,365人を募集する。推薦入試を実施するのは、遺愛女子、武修館の2校。立命館慶祥と北嶺では、一般入試でWeb出願を行う。2021年度からインターネット出願に変更する札幌光星では、インターネットで出願登録したうえで、出願書類を郵送で受け付ける。函館ラ・サールは自宅通学生限定の専願入試制度を新設。藤女子は、感染症対策のため面接試験と学力試験を別日程で実施する。

 一覧は、北海道私立中学高等学校協会のWebサイトから閲覧できる。私立高校(全日制)一般入試日程等一覧のほか、私立高校(全日制)推薦入試日程等一覧、私立中学校一般入試・推薦入試日程等一覧も公開している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)