小中高校生1,166人が新型コロナ感染…文科省調査6-8月

 学校における新型コロナウイルス感染症の報告数は、学校が本格的に再開し始めた2020年6月1日から8月31日までの間、児童生徒1,166人と教職員194人、幼稚園関係者83人にのぼることが、文部科学省の調査結果より明らかになった。感染経路は「家庭内感染」が56%を占めている。

教育・受験 小学生
児童生徒など感染者の推移
  • 児童生徒など感染者の推移
 学校における新型コロナウイルス感染症の報告数は、学校が本格的に再開し始めた2020年6月1日から8月31日までの間、児童生徒1,166人と教職員194人、幼稚園関係者83人にのぼることが、文部科学省の調査結果より明らかになった。感染経路は「家庭内感染」が56%を占めている。

 日本国内での新型コロナウイルス感染拡大の可能性があった2020年3月2日から、政府の要請により全国の一斉臨時休校が行われ、大部分の学校が5月末まで臨時休校となった。文部科学省は、学校関係者に新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合に速やかな報告を求めている。

リシードで全文を読む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)