立命館大、2024年に映像学部・情報理工学部を大阪に移転

 立命館は2020年8月25日、衣笠キャンパスの立命館大学映像学部・研究科、びわこ・くさつキャンパスの情報理工学部・研究科を2024年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC)に移転すると発表した。「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の創造を目指す。

教育・受験 大学生
立命館大学映像学部・研究科と情報理工学部・研究科が2024年4月、大阪いばらきキャンパスに移転する
  • 立命館大学映像学部・研究科と情報理工学部・研究科が2024年4月、大阪いばらきキャンパスに移転する
  • 立命館大学映像学部
  • 立命館大学情報理工学部
 立命館は2020年8月25日、衣笠キャンパスの立命館大学映像学部・研究科、びわこ・くさつキャンパスの情報理工学部・研究科を2024年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC)に移転すると発表した。「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の創造を目指す。

 移転を機に、大阪いばらきキャンパスを「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」として、社会課題を解決するための実証実験や価値創造が行われる、社会とのつながりと広がりをもったダイナミックなプラットフォームへと改革を進める。企業・地域・世界とつながるオープンイノベーションを実現し、教育・研究に最先端のテクノロジーを実装させる「X-tech(クロステック)」を推進する。

 映像学部・映像研究科では、オンライン教育を積極的に導入し、クリエイティビティを基盤としたアクティブラーニングを展開していく。学部入学定員を増やすことにより、学部教学を拡充、英語基準コースを設置する。映像研究科博士後期課程、「クリエイティブラボ(仮称)」を設置する。

 情報理工学部・情報理工学研究科は、社会人教育を推進。「基礎3年+研究3年」の6年一貫教育を視野に入れたカリキュラム改革を行う。基盤業務と教学支援業務を担う「情報教育研究支援基盤センター(仮称)」を新設。「OIC先端技術研究機構(仮称)」も新設し、産学連携および基礎研究力を強化する。高校生や地域住民の誰もが学べる“見せる試せるラボ”「Future Techプレイグラウンド(仮称)」を設置する。

 移転発表にあわせて、NTTドコモ、西日本電信電話(NTT西日本)とそれぞれ連携協定を締結した。両社から、さまざまな先端情報技術やデジタルマーケティングのノウハウを提供してもらい、ともに社会共生価値の創出に貢献していく。

 立命館理事長の森島朋三氏は、「これからも、社会とのつながりをさらに強化し、大学、そして教育機関としての社会的価値を高めるべく、挑戦を続けてまいります」とコメントしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)