グッドデザイン賞受賞の探求学習塾、FCで全国44校に拡大

 小学生向け探究学習プログラム「なりきりラボ」「おしごと算数」を展開するa.schoolは、開講に向けたフランチャイズ「a.school PARTNERS」により、「なりきりラボ」「おしごと算数」を提供するパートナー事業者が全国17都道府県44校に拡大したと発表した。

教育・受験 小学生
a.school PARTNERS
  • a.school PARTNERS
  • 探究学習やプログラミング学習などを詰め込んだ次世代型の学び場「学びstudioアビリティ」(2020年5月オープン宮城県・仙台市)
  • 「ワクワクする場を子ども自らが創り出す」ことをコンセプトにしたオルタナティブスクール「ヒカリノアトリエ」(2020年夏オープン・佐賀県)
  • 教具玩具メーカーを出資母体とし、乳幼児から中高生まで能動的な学びを届ける「ブレインズファクトリー」(東京都)
  • なりきりラボ(全20プログラム/うち2つは開発中)
  • おしごと算数(全18プログラム)
 小学生向け探究学習プログラム「なりきりラボ」「おしごと算数」を展開するa.school(エイスクール)は、開講に向けたパートナーシップ(フランチャイズ)「a.school PARTNERS」により、「なりきりラボ」「おしごと算数」を提供するパートナー事業者が全国17都道府県44校に拡大したと発表した。

 「なりきりラボ」「おしごと算数」は、従来の受け身の座学(知識入力=インプット)ではなく、子どもたちが自ら手を動かし、実践や創作などの出力(=アウトプット)に取り組むことを促す内容が特徴の小学生向け探求学習プログラム。仕事をコンセプトにした授業から、さまざまな職業領域におけるアウトプット手法を学ぶだけでなく、世にある情報を読み取り、解釈し、自分なりにアウトプットし続ける姿勢を養うことで、社会が本当に必要とする「生きる力」を伸ばす授業を展開する。

 講師依存度の高さから普及方法が確立されていなかった、思考力・創造力・表現力を育む探究学習を、独自のノウハウでマニュアル化した点が評価され、2019年度グッドデザイン賞にも選ばれている。

 a.schoolは、首都圏に集中しがちな先端教育を全国各地に広げることで、子どもたちの学びを豊かにし、多様な学び提供者の活性化にも貢献することを目的に、「なりきりラボ」「おしごと算数」の普及に向けたパートナーシップ(フランチャイズ)を結ぶ「a.school PARTNERS」を展開。「子どもたちが主役となって、身の回りの社会と直結する"生きた学び"を心から楽しむ」という理念を共有する、学習塾、民間学童、保育園、福祉施設、オルタナティブスクールなどさまざまな業態のパートナー事業者が加盟している。

 2020年度上半期には、北海道・シナジーワークス(2021年春開講準備中)、宮城県・学びstudioアビリティ、静岡県・いいらbo、広島県・KOKOIKU総合学習塾、佐賀県・ヒカリノアトリエなど、8都道県の事業者が新規パートナーとして加盟。a.schoolの探究学習について、「生きづらさを感じることを少なくできると同時に、学ぶこと・生きることが楽しいと思ってもらえる」「自分をよく知り、仲間と協働し、社会と繋がることのできる最高の学び」「どんな子どもでも個性を生かして学びを楽しめる」「都市部へ通えない地元の子どもたちに体感してもらいたい」とコメントを寄せている。

 a.school PARTNERSの取組みや問合せについてはWebサイトで確認できる。

《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)