東京藝大「ジュニア・アカデミー」中学1・2年生募集

 東京藝術大学は、2021年度「東京藝大ジュニア・アカデミー」の募集要項を公表した。中学生が対象で、大学教員のレッスンやソルフェージュ(楽典を含む)の授業などが受けられる。2021年度は4月4日開講予定。

教育・受験 中学生
東京藝大ジュニア・アカデミー
  • 東京藝大ジュニア・アカデミー
  • 第1次試験の課題曲
  • 2021年度の時間割と年間スケジュール
 東京藝術大学は、2021年度「東京藝大ジュニア・アカデミー」の募集要項を公表した。中学生が対象で、大学教員のレッスンやソルフェージュ(楽典を含む)の授業などが受けられる。2021年度は4月4日開講予定。

 東京藝大ジュニア・アカデミーは、東京藝術大学音楽学部が2017年度春に開校。中学生を対象に、全国各地で展開している「早期教育プロジェクト」の発展した形に位置付けられている。授業は大学教員などによる月2回の実技レッスンと音楽知識の大本となるソルフェージュを基本に、外国からの優れた先生のレッスンや室内楽なども組まれている。受講生には奏楽堂などでの演奏の機会を設け、選抜してオーケストラと協演をすることも実現する。

 出願できるのは2021年4月1日時点で、中学1年生、中学2年生になる者。専攻楽器はピアノ、ヴァイオリン、チェロ、管楽器(楽器は特定しない)。募集人員は10人程度。アカデミー生になると、入学時に中学1年生だった場合は最長3年間、中学2年生は最長2年間、中途退学の申し出がない限り、中学校卒業まで在籍できる。

 月2回の大学教員などによる専攻実技レッスンは、1回の開講日につき約60分×1コマ、ソルフェージュ(楽典を含む)の授業は1回の開講日につき約50分×2コマ。そのほか、外国人教員による特別レッスンなどを設定している。

 出願は2020年11月16日~11月27日にインターネットにより行う。第1次試験用の演奏動画をYouTubeにアップロードしたうえでWeb出願登録を行い、検定料を納入し、出願書類を大学に郵送すると出願手続きが完了する。検定料は3万円。受験票は、出願受理後の12月11日以降に東京藝大ジュニア・アカデミー事務局より発送される。第1次試験の結果は2021年1月15日午後2時以降にWebサイトで発表する。第2次試験曲目の登録は1月20日~28日(全専攻共通)、伴奏譜の提出期間(該当者のみ)は1月20日~2月5日。第2次試験の実技試験は3月9日に実施。最終合格者は3月10日午後2時以降にWebサイトで発表する。

 アカデミーの入学料は20万円、受講料は80万円(年額)。遠隔地から通学するアカデミー生を支援するため、「若林暢東京藝大ジュニア・アカデミー奨学基金」を設けている。対象は、上野キャンパスからアカデミー生の居住地までの直線距離が101km以上の者。2021年度は4月4日から開講予定。

 出願方法や第1次・2次試験の課題曲などは、Webサイトの募集要項で確認できる。東京藝大ジュニア・アカデミーのパンフレットは10月1日よりダウンロードができる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)