【大学受験2021】コロナ禍の医学部入試、地元志向高まる可能性

 医系専門予備校のメディカルラボは、プレスセミナー「コロナ時代の医学部受験~大学入試改革&コロナ禍の影響」を都内で開催。大学入試改革の影響に加え新型コロナの感染拡大防止措置の休校の影響もあり、今年度は先行きを見通しにくい状況下にあるといえそうだ。

教育・受験 高校生
メディカル ラボ本部教務統括 可児良友氏
  • メディカル ラボ本部教務統括 可児良友氏
  • 2021年度 国公立医学部入試変更点(2020年10月2日現在)
  • 2021年度 国公立医学部入試変更点(2020年10月2日現在)
  • 2021年度 私立医学部入試変更点(2020年9月30日現在)
  • 2021年度 私立医学部入試変更点(2020年9月30日現在)
 医療系専門予備校のメディカルラボは2020年10月19日、プレスセミナー「コロナ時代の医学部受験~大学入試改革&コロナ禍の影響」を都内で開催した。大学入試改革の影響に加え新型コロナの感染拡大防止措置の休校の影響もあり、受験生のみならず教師にとっても今年度は先行きを見通しにくい状況下にあるといえそうだ。

 このセミナーにはメディカルラボ本部教務統括の可児良友氏が登壇。2020年度の入試を振り返ると同時に、大学入試改革の影響に加えコロナ禍にある今年度の入試について語った。

 2020年度の医学部入試は国公立大学への志願者は減った一方、私立大学の志望者は増加。この背景にあるのは最後の実施となった2020年度のセンター試験の平均点が、前年よりも下がったことにあると可児氏は指摘。「大学入試改革を翌年に控え、受験生の間で安全志向となったと考えられる」とした一方、合格者の平均偏差値はほぼ横ばいであったことから、「センター試験の平均点が下がった中でも、合格ラインを突破できる受験生がしっかりと合格したということ」と語った。

 「大学入学共通テスト」実施初年度となる2021年の試験では、試験設計を平均点50点想定にしているといい、平均点はセンター試験の平均点から10%程度下がるのではないかといわれているという。「センター試験の点数によって志願先を変更するかどうか検討するのは、医学部の受験生の中にも多い。志願先決定に慎重にならざるをえないのではないか」(可児氏)。

 一方、大学入試改革により、医学部入試の個別試験では高度な記述式問題の出題や面接試験の内容変更など、多くの点で従来の試験からの変更が発表されている。改革の一環として高校在学時代の「主体性等の評価」が調査書に記されることについて、可児氏は筑波大学を例にあげて言及。「我々は学校の先生向けのセミナーも開催している。筑波大学は調査書での主体性等の評価について、高い評価となる例もあげている。結局、筑波大学では今年度、この評価採用を見送ることにしたが、目にした多くの先生方が主体性等の評価をどう書くべきか迷っている」という。

 また、今年度は新型コロナの影響もあり多くの会場模試が中止に。「この間、大手の予備校の行っていた模試もオンラインで実施されたものであり、その結果から導き出された偏差値などの情報は、会場模試で得られるそれと比べて信頼度に疑問が残るところ。10月のこの段階でも偏差値があてにならず見通しを立てにくいこともあり、予備校関係者や高校の先生含め、多くの人が判断に苦慮をしているのではないか」(可児氏)。

 とはいえ、医学部出願に対する影響については「減少しないのではないか」と可児氏は指摘。「今年は志望を固めている受験生が多い。コロナ禍の医療従事者の過酷な現状も報道される中、医学部志望者は減るのではないかとも思われたが、反対に、こうした状況下だからこそ医療の大切さを実感し、志望しているようだ」と語った。そのほかのコロナ禍における受験への影響として「地元志向が高まるのではないか」とも。「例年ならば首都圏に出向いて受験をしていた地方在住の受験生が、感染状況に不安の残る首都圏に出向くことでの自身の感染リスクを感じ、出願を控えることが考えられる。首都圏の大学で地方の学生が受験をするのは地方会場のある学校だろう」とした。

 2021年入試は、さまざまな要因が複雑に絡み合っている。もろもろの背景から可児氏は2021年の医学部入試について、「休校期間の長かった地域があった半面、短かった地域もある。また、私学と公立でも対応スピードが異なった。そのため地域間・高校間による差が出てくると考えている。また、学校での勉強を一通り終えている浪人生と、1学期前半に休校期間があった現役生との学力の差についても注意が必要と考えている」と話した。

 なお、新型コロナ感染症感染拡大防止への対策として追試験の実施や、大学によっては出題範囲への配慮を発表しているところもある。リセマムでは今回のセミナーを開催したメディカルラボより提供を受け、2021年度の国公立および私立大学の入試変更点を一部抜粋して掲出する。
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)