ソフトバンク「給付型奨学金」総額1億円…AI人材の育成目的

 ソフトバンクは2020年10月16日、AI人材の育成を目的に、最大で総額1億円の給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」を設立したことを公表した。応募を開始しており、締切りは2021年1月8日。

教育・受験 その他
ソフトバンク
  • ソフトバンク
  • ソフトバンクニュース
 ソフトバンクは2020年10月16日、AI人材の育成を目的に、最大で総額1億円の給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」を設立したことを公表した。応募を開始しており、締切りは2021年1月8日。

 ソフトバンクは、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AI(人工知能)に関する学修・研究に取り組む修士課程1年次の学生を対象とした、最大で総額1億円の2021年度給付型奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」(奨学金名称:JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金)を設立。これに伴い、日本国際教育支援協会(JEES)が、指定の大学に在籍する学生を対象に奨学生を募集する。なお、「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」は、2019年度と2020年度に引き続き3回目の実施。

 「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」は、ソフトバンクがJEESの「冠奨学金事業」に支出した寄付金が、最大100人の学生に100万円ずつ奨学金として給付される。AIがすべての産業で幅広く活用され、各産業のビジネスモデルが大きく変わっていく時代において、産業の発展を担う「AI人材」の育成に貢献することを目的としたもので、学生がAIの学修・研究の道を志すきっかけ作りを支援する。

 募集対象は、指定の大学に2021年4月時点で修士課程1年次として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AIに関する学修・研究に取り組む学生。給付人数は最大100人。給付金額は、1人あたり100万円(8万円/月×12か月、一時金4万円)。給付期間は、2021年4月~2022年3月。対象の大学を通して、JEESが2021年1月8日まで応募を受け付ける。応募には2021年4月時点で在籍予定の大学の学長推薦などが必要となる。選考は書類選考で、必要に応じて面接も実施する。学生からの大学への書類提出期間は、各大学によって異なる。応募方法に関する問い合わせは、各大学で受け付けている。

 ソフトバンクは、世界最高レベルのAIの研究機関「Beyond AI 研究推進機構」を、東京大学、ソフトバンクグループおよびヤフーと設立するなど、AIのさらなる普及と発展に向けて取り組んでいる。今後もさまざまな取り組みを通して、社会課題の解決や産業の発展におけるAIの活用を推進するとともに、必要な人材の育成に貢献することを目指していく。

◆ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ
対象:指定の大学に2021年4月時点で修士課程1年次として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AIに関する学修・研究に取り組む学生
給付金額:1人あたり100万円(8万円/月×12か月、一時金4万円)
給付人数:最大100人
給付期間:2021年4月~2022年3月
応募締切:2021年1月8日(金)
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)