子どもの日常や社会活動の支援アプリ「アシストガイド」

 ソフトバンクは2020年10月27日、新たなサービスとして、困りごとを抱える子どもの日常生活や社会活動を支援するアプリ「アシストガイド」の提供を開始した。利用料無料。

生活・健康 小学生
「アシストガイド」のおもな機能
  • 「アシストガイド」のおもな機能
  • アシストガイド
  • アシストガイド
  • ソフトバンク
 ソフトバンクは2020年10月27日、新たなサービスとして、困りごとを抱える子どもの日常生活や社会活動を支援するアプリ「アシストガイド」の提供を開始した。利用料無料。

 「アシストガイド」は困りごとを抱える子どもの日常生活や社会活動を支援するアプリ。保護者や支援者は、子どもの「やること」「やりかた」を簡単に登録することができ、子どもはその日に「やること」を1つずつ順番に確認することができる。

 おもな機能として、「予定の作成・確認」「おたすけメモの作成・確認」がある。実行方法がわからない場合には、その「やりかた」「行きかた」「持ちもの」を「アシストガイド」で視覚的に確認することができる。

 「アシストガイド」では、保護者や支援者がアプリを活用して、「やること」と「やりかた」を簡単に視覚的に作成することができるため、保護者や支援者の負担を低減するとともに、きめ細やかな支援が可能なうえ、子どもはアプリに登録された情報を確認することで、自ら行動しやすくなるという。

 利用方法は「アシストガイド」アプリをダウンロードすること。申込不要。利用料無料。対応機種は、iOS12以上のiPhoneとiPad、Android9.0以上のスマートフォンとタブレット。

 ソフトバンクは「アシストガイド」の提供を通して、困りごとを抱える子どもが本来の能力を発揮できる社会を目指すとしている。

◆アシストガイド
提供開始日時:2020年10月27日(火)
対応機種:iOS12以上のiPhoneとiPad、Android9.0以上のスマートフォン・タブレット
利用料:無料
申込:不要
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)