【冬休み2020】社会問題×リーダーシップ教育、小中高生向けオンラインキャンプ

 フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは2020年12月27日~29日、小中高生向けオンライン研修イベント「テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020冬」を開催する。通常枠と生活困窮世帯向けの参加費免除枠(以下「スカラシップ枠」)で申込みを受け付けている。

教育イベント 小学生
テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020冬
  • テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020冬
  • タイムスケジュール
  • 前回開催時の集合写真
  • 前回開催時の集合写真
  • イメージ画像(前回実施分より)
  • イメージ画像(前回実施分より)
  • イメージ画像(前回実施分より)
  • アクションプラン作りのようす(前回実施分より)
 フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは2020年12月27日~29日、小中高生向けオンライン研修イベント「テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020冬」を開催する。通常枠と生活困窮世帯向けの参加費免除枠(以下「スカラシップ枠」)で申込みを受け付けている。

 「テイク・アクション・キャンプ」は、小中高生のための社会問題×リーダーシップ教育を目的とした研修イベント。日本では2000年から開催しており、例年、ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みのいずれかの期間中に合宿形式で実施してきた。2020年の夏はコロナ禍を受け、オンライン形式で開催し、国内外からそれぞれ約50名の子どもたちが参加。この度、冬休みにもオンラインで開催することが決まった。

 キャンプでは、身近な社会や世界で起きている問題やアクションの方法を、講義やグループワークを通じて学ぶことができる。国際色豊かな小中高生が全国からオンラインで集合し、年齢の近い4~6人のグループに加え、学年を超えた交流やディスカッションも行う。さらに、自らもアクションを起こしている大学生がファシリテータとして参加し、親身になって参加者ひとりひとりの力を引き出す。

 また、「自分に何ができるか」を繰り返し考え、アクションの起こし方をゲストの専門家から学んだり、自分のアクションプランニングも行ったりするため、キャンプが終了したら自分の取り組みたい社会問題や起こしたいアクションを見つけたり、すぐにアクションを起こしたりできるようプログラムを構成している。

 前回参加者からは、「世界にはたくさんのアクションを起こしている若者たちがいることと、僕たちにもたくさん起こせるアクションがあることを学んだ」「ほかの人と話すことで、自分にはなかったアイディアが見つかって、面白かったです」などの声が寄せられている。

 参加費は1万6,000円(税込)だが、11月22日までの申込みで早割(1,000円割引)が適用される。申込みは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンWebサイトにて受け付けている。定員は50名。締切りは12月13日または定員に達し次第。

 また、生活困窮世帯向けに「スカラシップ枠」も用意。募集要項の対象や条件を満たし、審査を通過した10名は参加費無料でプログラムに参加できる。必要に応じタブレット端末またはPCとモバイルWi-Fiルータを無料貸与する。締切りは11月24日。通常枠とスカラシップ枠の申込みはそれぞれ別のフォームを用いているため、間違いのないよう注意すること。

◆テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020冬
日時:2020年12月27日(日)~29日(火)13:00~18:00
対象:社会問題を気にかける小学5年生~高校3年生(またはこれらに準ずる年齢の子ども)
募集人数:50名
締切:2020年12月13日(日)または定員に達し次第
参加費:1万6,000円(税込)[早割適用:1万5,000円(税込)]
※2020年11月22日(日)までの申込みで早割適用
申込方法:フリー・ザ・チルドレン・ジャパンWebサイトにて申し込む

【スカラシップ枠】
定員:10名
締切:2020年11月24日(火)
※募集要項はフリー・ザ・チルドレン・ジャパンWebサイトにて確認すること
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)