ECC×ソニー、双方向のeライブレッスン4月より提供

 ECCとソニー・グローバルエデュケーションは2021年4月より、インタラクティブオンライン授業システムを活用した新たな教育サービス「ECCジュニアeライブレッスン」の提供を開始する。ECCの専任講師が全国の教室にリアルタイムで配信し、双方向のレッスンを提供する。

教育ICT 先生
ECCジュニア eライブレッスン
  • ECCジュニア eライブレッスン
  • ECCジュニア eライブレッスン
  • インタラクティブオンライン授業システムを使用して新しい教育の形を提供する
 ECCとソニー・グローバルエデュケーションは2021年4月より、インタラクティブオンライン授業システムを活用した新たな教育サービス「ECCジュニアeライブレッスン」の提供を開始する。ECCの専任講師が全国の教室にリアルタイムで配信し、双方向のレッスンを提供する。

 「ECCジュニアeライブレッスン」は、オンラインを活用して双方向で行う英会話レッスン。これまでの英語教育で培ってきたECCのノウハウと、ソニー・グローバルエデュケーションのテクノロジーを活用した新しい教育の形となる。

 レッスンでは、ECCの専任講師と「ECCジュニアeライブレッスン」のサービスを導入しているECCジュニア教室をオンラインで結び、会話やアクティビティを行う。リアルタイムで講師と生徒がお互いの表情を確認しながらレッスンを行うため、活気ある授業を展開できる。

 また、講師がいないために英会話教室を開設できなかった法人などでもECCジュニア教室の開講が可能となり、より多くの子どもたちにECCジュニアのレッスンを提供することが可能となる。

 レッスンでは、ソニー・グローバルエデュケーションが開発した「インタラクティブオンライン授業システム」を使用。教育現場に最適化したシステムで、音声や動画といったさまざまな形式の教材をスムーズに共有できる。指導をサポートするツールや教室の管理者が簡単に授業にアクセスできる管理機能も持っている。

 ECCジュニアのWebサイトでは、「ECCジュニアeライブレッスン」に関する資料請求や説明会予約を受け付けている。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top