「発達障害」関連7書籍を全文無料公開4/2-8、翔泳社

 翔泳社は2021年4月2日、厚生労働省が定める「世界自閉症啓発デー」(4月2日)と「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)にあわせて、同社が刊行した発達障害に関連する書籍7タイトルを期間限定で、全ページを無料公開した。無料公開期間は4月8日まで。

生活・健康 未就学児
「発達障害啓発週間」限定の書籍無料公開
  • 「発達障害啓発週間」限定の書籍無料公開
  • 「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本」
  • 「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本」
  • 「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本」
  • 「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手にお金と付き合うための本」
  • 「今日からできる!障がいのある子のお金トレーニング」
  • 「誤学習・未学習を防ぐ!発達の気になる子の『できた!』が増えるトレーニング」
  • 「未来に飛び立て!発達の気になる子の大人になるためのチャレンジ<学齢期編>」
 翔泳社は2021年4月2日、厚生労働省が定める「世界自閉症啓発デー」(4月2日)と「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)にあわせて、同社が刊行した発達障害に関連する書籍7タイトルを期間限定で、全ページを無料公開した。無料公開期間は4月8日まで。

 4月2日は「世界自閉症啓発デー」。4月2日から8日は「発達障害啓発週間」。これにあわせて翔泳社は、発達障害について正しい理解が増え、考えるきっかけとなることを願い、翔泳社の関連本を期間限定で全文無料公開している。

 無料公開期間は、4月2日から8日まで。対象となるのは、発達障害をもつ人がよく抱える悩みの原因と具体的な解決方法をわかりやすく解説した「ちょっとしたことでうまくいく」シリーズ4冊、福祉や療育などの専門家がタッグを組んで子どもたちへの取り組みをまとめたシリーズ3冊の計7タイトル。

 このうち、「誤学習・未学習を防ぐ!発達の気になる子の『できた!』が増えるトレーニング」は、療育&福祉現場のベテランが実践する、発達が気になる子への「自立」を重視したトレーニングを家庭で実践しやすい形でわかりやすく紹介した一冊。「未来に飛び立て!発達の気になる子の大人になるためのチャレンジ<学齢期編>」は、続編となる「学齢期編」。思春期を経て自立した大人になるための取組みをわかりやすく解説している。

 各タイトルは、特設ページから無料で読むことができる。ただし、利用にはSHOEISHA iDへの登録(無料)が必要となる。特設ページでは、著書のメッセージなども紹介している。

◆「発達障害啓発週間」限定の書籍無料公開
公開期間:2021年4月2日(金)~4月8日(木)
料金:無料
※利用にはSHOEISHA iDへの登録(無料)が必要
対象書籍:
・ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本
・ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本
・ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本
・ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手にお金と付き合うための本
・今日からできる!障がいのある子のお金トレーニング
・誤学習・未学習を防ぐ!発達の気になる子の「できた!」が増えるトレーニング
・未来に飛び立て!発達の気になる子の大人になるためのチャレンジ<学齢期編>
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top