プログラミング教育、2020年度実施率28.1%…保護者調査

 必修化された小学校での2020年度「プログラミング教育」について、保護者が実施を把握している割合は28.1%にとどまることが、くもん出版が実施した調査結果より明らかになった。「GIGAスクール構想」「Society5.0」の用語の理解度は2割弱であった。

教育業界ニュース プログラミング
子供の通っている小学校・中学校では、2020年度にプログラミング教育を実施したか
  • 子供の通っている小学校・中学校では、2020年度にプログラミング教育を実施したか
 必修化された小学校での2020年度「プログラミング教育」について、保護者が実施を把握している割合は28.1%にとどまることが、くもん出版が実施した調査結果より明らかになった。プログラミング教育に欠かせない「GIGAスクール構想」「Society5.0」という用語の理解度は2割弱であった。

 文部科学省は「これからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることはきわめて重要」として、小学校でのプログラミング教育の必修化を決定。2019年12月には「GIGAスクール構想」を発表。プログラミングはこれまでにない学習になるため、学校現場や家庭で「プログラミングをどのように学ぶか」が課題となっている。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top