「第1回英検」会場確保でき、個人申込締切5/6まで延長

 日本英語検定協会は2021年4月14日、2021年度第1回の実用英語技能検定(英検)の個人申込の締切りを5月6日まで延長することを公表した。全国規模での会場設置のめどがついたため、当初の4月15日締切りから伸ばした。

教育・受験 高校生
2021年度第1回の英検の個人申込を延長
  • 2021年度第1回の英検の個人申込を延長
  • 日本英語検定協会
 日本英語検定協会は2021年4月14日、2021年度第1回の実用英語技能検定(英検)の個人申込の締切りを5月6日まで延長することを公表した。全国規模での会場設置のめどがついたため、当初の4月15日締切りから伸ばした。

 2021年度第1回の実用英語技能検定(英検)の試験は、5月末から開始する。日本英語検定協会は、新型コロナウイルスの影響で試験会場の確保が困難を極めることを予測。個人申込については、英検受験の希望者に人数制限を設けることなく、全員が受験できるよう準備期間を長く取り、試験会場確保に努めるために例年より締切りを早めていた。

 今回、全国の試験会場となる施設を貸与する団体などの協力のもと、会場設置のめどがついたことから、2021年度第1回の英検(従来型)の個人申込は5月6日まで延長する。インターネット、コンビニ申込みは5月6日午後5時を締切りとする。なお、書店の申込締切の4月13日(協会必着)、海外会場のインターネット申込締切の4月15日に変更はない。また、準会場および本会場の「団体申込」の締切りは予定通り4月30日となっている。そのほか、英検S-Interview 2021年度第1回検定「個人申込」の締切りは4月26日午後11時59分に変更している。

 日本英語検定協会は、今後コロナ禍の影響等で変更が生じた場合は、Webサイトで案内するという。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top