列車・号車ごとに混雑状況を把握…JR西日本がアプリで提供

JR西日本は6月17日、関西の鉄道事業者としては初めてリアルタイムな列車混雑状況の提供を開始した。

デジタル生活 その他
リアルタイムな混雑情報が提供される大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)の323系。
  • リアルタイムな混雑情報が提供される大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)の323系。
  • JR西日本が提供する移動生活ナビアプリ『WESTER』の「環状ライブ」で表示されるリアルタイムな情報。
  • リアルタイムな情報提供の仕組み。323系に搭載された「モニタ状態監視装置」から送られる情報がベースとなる。
JR西日本は6月17日、関西の鉄道事業者としては初めてリアルタイムな列車混雑状況の提供を開始した。

これは車両に搭載されている「モニタ状態監視装置」から地上の処理装置へ送られる乗車率などのデータを加工した情報を、JR西日本が提供する移動生活ナビアプリ『WESTER』で提供するもの。

列車ごとや号車ごとの混雑状況のほか、車内温度、列車走行位置、遅延状況をリアルタイムに把握できるほか、弱冷房車や女性専用車、車椅子・ベビーカースペースなどの車両設備情報も確認できる。

現在の対象列車は大阪環状線と桜島線(JRゆめ咲線)で運用されている323系で、大阪環状線を通る関空快速や紀州路快速、大和路快速は含まれない。

今後は利用状況やシステムの整備状況を踏まえて、2022年春頃に東海道・山陽本線(JR京都線・JR神戸線)などにも導入する計画。

列車ごと、号車ごとに把握…JR西日本323系の混雑状況などをアプリでリアルタイムに提供

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top