ブラック校則見直しへ…神戸市教委がガイドライン策定

 神戸市教育委員会は、「学校生活のルールや決まり(校則等)に関するガイドライン」を策定した。女子はスカートといった性の多様性への配慮がないもの、靴下や肌着は白一色とする等の合理的な説明が難しい校則等について、全市立学校に年度内の見直しを求めている。

教育業界ニュース その他
神戸市教育委員会
  • 神戸市教育委員会
 神戸市教育委員会は2021年6月16日、「学校生活のルールや決まり(校則等)に関するガイドライン」を策定したと発表した。女子はスカートといった性の多様性への配慮がないもの、靴下や肌着は白一色とする等の合理的な説明が難しい校則等を見直すべき内容として例示し、全市立学校に年度内の見直しを求めている。

 「学校生活のルールや決まり(校則等)に関するガイドライン」の対象となるのは、全市立学校(高等専門学校を除く)。学校生活のルールや決まり(校則等)について、「子どもの権利」を守る観点等に鑑み、ガイドラインで示す方針を踏まえて策定および運営を行う。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top