大雨による高速道路の被災通行止め2か所、鉄道被害10区間

国土交通省が発表した8月17日11時00現在の気象状況によると、前線が華中から西日本を通って日本の東へのびている。前線上の低気圧が対馬海峡付近にあり、18日にかけて日本海へ進む見込み。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため……

生活・健康 その他
(イメージ)
  • (イメージ)
国土交通省が発表した8月17日11時00現在の気象状況によると、前線が華中から西日本を通って日本の東へのびている。前線上の低気圧が対馬海峡付近にあり、18日にかけて日本海へ進む見込み。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり前線の活動が活発となる予想だ。前線は20日頃にかけて日本付近に停滞しそうだという。

西日本を中心に、これまでの大雨により土砂災害の危険度が高まっている所や、増水している河川がある。今後18日にかけて北日本も含めた広い範囲で大雨となる所がある見込み。特に今後非常に激しい雨が降り続いた場合、土砂災害が多発するおそれがある。

以下、国交省が17日14時00分現在でまとめた被害状況に各事業者の情報を補足した。


●道路

高速道路の被災による通行止めは22時50分現在、中央道・岡谷JCT~飯田IC(土砂流入)と長崎道・東背振IC~伊賀大和IC(切り土法面変状)の2路線。

雨量規制基準超過による通行止めは22時50分現在、長崎道・長崎多良見IC~長崎IC、南九州道・市来IC~鹿児島西IC、阪和道・湯浅御坊道路(印南IC~御坊IC)の3路線。今後、通行止めが予想される区間は東海北陸道、南九州道、中国道など。

有料道路の雨量規制基準超過による通行止めは23時10分現在、ながさき出島道路と指宿有料道路の2路線。

直轄国道では、被災による通行止めは12時00分現在、4路線4区間。国道1号・滋賀県大津市(土砂流入)、国道161号・滋賀県大津市(路面冠水、土砂崩れ)、国道41号・岐阜県下呂市(護岸流出)、国道19号・岐阜県中津川市(路肩崩落)の各地。

自動車道事業者は伊吹山ドライブウェイが全線通行止め。箱根ターンパイクの通行止めは解除された。伊吹山ドライブウェイも18日8時に開通予定だ。

●バス

高速バスは11時15分現在、56事業者172路線が運休、8事業者15路線が一部運休。運休は大分交通、長崎県交通局、西肥自動車など。

路線バスは同じく11時15分現在、17事業者20路線が運休、21事業者28路線が一部運休。運休は昭和自動車、さいかい交通、九州産交など。

●鉄道

主な施設被害は12時00分現在、在来線・民鉄6事業者8路線10区間。被害は以下の通り:JR東日本中央線・岡谷駅~辰野駅(土砂流入)、JR東日本中央線・辰野駅~塩尻駅、JR東海中央線・上松駅~倉本駅間(土砂流入)、JR東海中央線・贄川駅~木曽平沢駅間(土砂流入)、JR東海飯田線・宮木駅~辰野駅間(橋梁傾斜)、JR西日本山陽線・小野田駅~厚狭駅間(道床流出)、JR九州久大線・杉河内駅~北山田駅間(第十玖珠川橋損傷の可能性、確認中)、JR九州佐世保線・北方駅~高橋駅間(線路冠水)、アルピコ交通上高地線・西松本駅~渚駅間(橋梁傾斜)、明知鉄道明知線・阿木駅~飯羽間駅間(バラスト流出)、。

JR東海中央線・古虎渓駅構内と松浦鉄道西九州線・夫婦石駅~金武駅間(法面崩壊)は運転再開。

運転見合わせは同じく12時00分現在、在来線・民鉄の11事業者30路線。

大雨による高速道路の被災通行止め2カ所、鉄道の被害は10区間 8月17日14時00分現在まとめ

《高木啓@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top