第6回「全国小中学生プログラミング大会」11/3締切

 全国小中学生プログラミング大会実行委員会は2021年11月3日まで、「全国小中学生プログラミング大会」の作品応募を受け付けている。最終審査会および各賞発表・表彰式は、2022年2月27日にオンラインにて開催予定。

教育イベント 小学生
全国小中学生プログラミング大会
  • 全国小中学生プログラミング大会
  • 大会概要
 全国小中学生プログラミング大会実行委員会は2021年11月3日まで、「全国小中学生プログラミング大会」の作品応募を受け付けている。最終審査会および各賞発表・表彰式は、2022年2月27日にオンラインにて開催予定。

 「全国小中学生プログラミング大会」は、小中学生を対象としたプログラミングコンテスト。子供たちがプログラミングで自分の考えを表現し、楽しく競える場を作りたいという思いから、2016年に始まり、今回で6回目の開催となる。前年度(2020年度)は全国から785作品の応募があったという。

 PC・スマートフォン・タブレットで動作するプログラムや、アプリ・ゲーム・ムービー等のソフトウェア、ロボット、電子工作等のハードウェアであれば使用言語や作品形式は問わない。テーマの指定等はなく、審査は「発想力」「表現力」「技術力」を基準に行う。

 応募資格は日本国在住の、6歳以上15歳以下(2021年4月1日時点)の小学生・中学生。公式サイト内応募フォームに必要事項を記入のうえ、プログラム・ソースコード、動画ファイル、作品説明資料(任意)を送付すること。締切りは11月3日。グループで応募する場合は3人以下。応募は1人(または1グループ)何作品でも可能。

 1次審査通過作品発表、入選作品発表は2022年2月上旬を予定。最終審査会および表彰式は、2月27日にオンラインにて開催予定。

◆第6回全国小中学生プログラミング大会
開催スケジュール:
【応募締切】2021年11月3日(水)
【1次審査通過作品発表(予定)】2022年2月上旬
【入選作品発表(予定)】2022年2月上旬
【最終審査会/各賞発表・表彰式(予定)】2022年2月27日(日)
対象:日本国在住の、6歳以上15歳以下(2021年4月1日時点)の小学生・中学生
※グループで応募する場合は3人以下
※応募は1人(または1グループ)何作品でも可能
応募費:無料(応募までにかかる費用は自己負担)
応募方法:公式サイト内応募フォームにて応募する
提出物:プログラム・ソースコード、動画ファイル、作品説明資料(任意)
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top