【高校受験2022】沖縄県立高入試、5教科の出題範囲を縮小

 沖縄県教育委員会は2021年10月5日、2022年度(令和4年度)県立高等学校入学者選抜における学力検査の出題範囲について発表した。新型コロナウイルス感染拡大にともなう臨時休業や夏季休業の短縮、分散登校等を踏まえ、5教科の出題範囲を縮小する。

教育・受験 中学生
2022年度沖縄県立高等学校入学者選抜における学力検査の出題範囲について
  • 2022年度沖縄県立高等学校入学者選抜における学力検査の出題範囲について
  • おもな日程(全日制・定時制)
 沖縄県教育委員会は2021年10月5日、2022年度(令和4年度)県立高等学校入学者選抜における学力検査の出題範囲について発表した。新型コロナウイルス感染拡大にともなう臨時休業や夏季休業の短縮、分散登校等を踏まえ、5教科の出題範囲を縮小する。

 沖縄県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、臨時休業や夏季休業の短縮、分散登校等の対応を余儀なくされた。県立高等学校入学者選抜では、この状況を踏まえ、公平・公正の観点から学力検査の出題範囲から一部を除外することを決めた。

 社会、数学、理科、英語では、学習指導要領に示された中学3年生の範囲から一部を除く。除外する内容は、社会が公民的分野の「私たちと国際社会の諸課題」、数学が「三平方の定理」および「標本調査」、理科が第1分野「科学技術と人間」および第2分野「自然と人間」、英語が仮定法のうち基本的なもの。

 国語については、3年間を通じて学習すべき内容を繰り返し学ぶという教科の特性があり、特定の学習内容を除くことが難しいことから、漢字を問う問題において中学3年生で新たに学習する漢字を除外する。

 2022年度沖縄県立高等学校入学者選抜の日程は、推薦入学が2022年1月17日と18日に出願し、面接の実施日は高等学校長が別に定め、1月28日までに選抜結果通知を行う。一般入学は2月8日と9日に出願、2月15日と16日に志願変更申し出、2月21日と22日に志願変更願書取下げ・再出願を受け付ける。学力検査・面接等は3月8日と9日、合格発表は3月15日。第2次募集は3月16日と17日に出願、3月18日に志願変更再出願を受け付ける。検査日は高等学校長が別に定め、合格発表は3月29日。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、学力検査の全部または一部を受けることができなかった者は、3月24日と25日の追検査を受検できる。また、追検査で不合格となった者は、追検査第2次募集へ出願することができる。追検査の合格発表は3月29日。追検査第2次募集の期日は3月30日、合格発表は3月31日。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top