2021年度私立大学初年度学生納付金、平均135万7,080円

 文部科学省は2021年12月24日、私立大学等の2021年度(令和3年度)入学者に係る学生納付金等調査結果を公表した。2021年度の私立大学(学部)の初年度学生納付金は135万7,080円。前年度(2020年度)より857円(0.1%)増となった。

教育・受験 高校生
私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校の初年度学生納付金の調査結果
  • 私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校の初年度学生納付金の調査結果
  • 令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人あたり)の調査結果について
 文部科学省は2021年12月24日、私立大学等の2021年度(令和3年度)入学者に係る学生納付金等調査結果を公表した。2021年度の私立大学(学部)の初年度学生納付金は135万7,080円。前年度(2020年度)より857円(0.1%)増となった。

 2021年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)の調査は、日本私立学校振興・共済事業団から文部科学省がデータ提供を受け、私立大学等の昼間部における初年度学生納付金についてまとめたもの。集計学校数は、私立大学597校、私立短期大学282校、私立高等専門学校3校。初年度学生納付金平均額の算定には、2021年度入学定員を用いて加重平均している。

 2021年度の初年度学生納付金の合計平均額は、私立大学(学部)が前年度比0.1%増の135万7,080円。内訳は、授業料93万943円(前年度比0.3%増)、入学料24万5,951円(同0.4%減)、施設設備費18万186円(同0.7%減)。学部別の初年度学生納付金は、文科系学部が118万8,991円、理科系学部は156万6,262円、医歯系学部は489万539円。

 私立短期大学は授業料72万3,368円、入学料23万7,615円、施設設備費16万6,603円で合計112万7,586円(前年比0.3%増)。私立高等専門学校は授業料62万7,065円、入学料24万6,753円、施設設備費10万5,195円で、合計97万9,013円(対前年増減なし)だった。

 私立大学と私立短期大学は2年連続で初年度学生納付金の合計平均額が増加。私立高等専門学校は2020年度に前年度比5.6%減と大幅に減少し、2021年度はその水準を維持している。

 文部科学省はこの他、私立大学大学院の2021年度初年度学生納付金の調査結果や私立大学の学部系統ごとの一覧、国公私立大学の授業料の推移等をWebサイトに掲載している。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top