【大学受験2022】国立大の入学定員、前年度比14人減の9万5,521人

 文部科学省は2022年1月18日、2022年度(令和4年度)国立大学の入学定員(予定)を発表した。学部の入学定員は前年度(2021年度)と比べて14人少ない9万5,521人。分野別では、「教育」100人減、「医・歯」4人減、「理工」72人増等。

教育・受験 高校生
 文部科学省は2022年1月18日、2022年度(令和4年度)国立大学の入学定員(予定)を発表した。学部の入学定員は前年度(2021年度)と比べて14人少ない9万5,521人。分野別では、「教育」100人減、「医・歯」4人減、「理工」72人増等。

 国立大学の学部の学生定員は、前年度(2021年度)比14人減の9万5,521人。入学定員の増減を分野別にみると、「人文社会」33人増、「理工」72人増、「医・歯」4人減、「教育」100人減、その他分野で15人減。「農水」「薬・保健」は増減なし。合計で14人の減少となる。

 学部の新設は、奈良女子大学(工学部)の1学部。学部の改組は、教育学部のすべての学科を廃止し、教育学部(学校教育教員養成課程)へ改組する宮城教育大学と、人間発達科学部を廃止し、富山大学(教育学部)へ改組する2大学2学部。

 国立大学の大学院の学生定員は、前年度比156人増の5万9,707人。内訳は、修士課程が4万1,808人(前年度比48人増)、専門職課程が4,287人(同95人増)、博士課程が1万3,612 人(同13人増)。

 文部科学省のWebサイトでは大学の学部・学科等の改組、入学定員の改訂、編入学定員の増減、大学院の研究科・専攻の設置・廃止、入学定員の改訂等の詳細を一覧にまとめて掲載している。
《川端珠紀》

編集部おすすめの記事

特集

page top