東大97人・早慶141人…筑駒の合格実績2022

 筑波大学附属駒場高等学校は、2022年大学入試結果を発表した。2022年4月11日時点で、東京大学に97人、早稲田大学に75人、慶應義塾大学に66人合格したことがわかった。

教育・受験 高校生
2022年 国公立大学 合格者数・進学者数
  • 2022年 国公立大学 合格者数・進学者数
  • 2022年 私立大学等 合格者数・進学者数
 筑波大学附属駒場高等学校は、2022年大学入試結果を発表した。2022年4月11日時点で、東京大学に97人、早稲田大学に75人、慶應義塾大学に66人合格したことがわかった。

 筑波大学附属駒場高等学校の2022年の大学合格者数は、国公立大学が現役生79人と既卒生35人の計114人、私立大学・その他(大学校と専門学校を含む)が現役生110人と既卒生112人の計222人。2022年3月の卒業生数は公表されていないが、高校1学年の生徒数は160人。

 東京大学の合格者の内訳を見ると、文科一類12人(現役8人・既卒4人)、文科二類11人(現役7人・既卒4人)、文科三類2人(既卒2人)、理科一類54人(現役40人・既卒14人)、理科二類9人(現役4人・既卒5人)、理科三類6人(現役4人・既卒2人)、法・理・工がそれぞれ現役1人の計3人、合計97人。卒業生数(高校1学年の定員160人)に占める東大現役合格者数(66人)の割合は41.3%だった。

 私立大学の合格者数は、慶應義塾大学66人、早稲田大学75人、東京理科大学22人、明治大学17人、上智大学15人等。

 医学部の合格者数を見ていくと、国公立が東京大学(理科三類)6人、秋田大学1人、千葉大学2人、東京医科歯科大学6人、大阪大学1人、横浜市立大学1人。私立が国際医療福祉大学2人、慶應義塾大学7人、順天堂大学1人、東京医科大学1人、東京慈恵会医科大学2人、日本医科大学2人。その他、防衛医科大学校4人。医学部に多数の合格者を輩出している。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top