厚労省×環境省「熱中症予防・コロナ感染防止」リーフレット公開

 厚生労働省と環境省は2022年6月21日、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた熱中症予防の普及啓発・注意喚起を行うためのリーフレットを、各都道府県等に対し周知するよう事務連絡を発出。あわせて厚生労働省Webサイトでリーフレットを公開した。

生活・健康 その他
 厚生労働省と環境省は2022年6月21日、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた熱中症予防の普及啓発・注意喚起を行うためのリーフレットを、各都道府県等に対し周知するよう事務連絡を発出。あわせて厚生労働省Webサイトでリーフレットを公開した。

 リーフレットでは、熱中症を防ぐために「屋外ではマスクをはずしましょう」と題し、特に運動時には忘れずにマスクをはずすこと、屋外での散歩やランニング、通勤、通学等もマスク着用の必要がないことを明記している。

 屋内では、人との距離(2m以上)が確保でき、会話をほとんど行わない場合にはマスク着用は不要。また、屋内でマスク着用時に、熱中症のリスクが高い場合には、エアコン・扇風機・喚起により、温度や湿度を調整して、こまめな水分補給を推奨している。

 暑さ対策としては涼しい服装を推奨し、エアコン使用中の喚起方法(窓やドアを2か所開ける等)、体調管理として適度な運動をすること等、すべての項目でイラストを用いてわかりやすくまとめている。

 近年、熱中症による健康被害が数多く報告されており、死亡者の約9割が65歳以上(約半数は80歳以上)となっている。高齢者の熱中症は半数以上が自宅で発生するため室内を涼しくするよう、また、若い世代は作業中や運動中に注意するよう呼び掛けている。特に、熱中症警戒アラート発表時の運動は原則中止。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する等の行動を推奨としている。

 厚生労働省では、熱中症予防のための情報・資料サイトを開設し、熱中症について正しい知識を身に付け、健康被害を防ぐための情報を集約。今回公開された「熱中症予防×コロナ感染防止」リーフレットも掲載されている。リーフレットは日本語以外の多言語に対応している。

アイスノン アイスノンソフト 【冷たさ長持ち10時間】
¥813
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《川端珠紀》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top