【夏休み2022】三菱自動車「小学生自動車相談室」開設、自由研究にも

 三菱自動車は、2022年7月20日から12月9日までの期間、自動車産業に関するさまざまな質問を、フリーダイヤルやウェブサイト、郵便で受け付ける「2022年 小学生自動車相談室」を開設する。

教育・受験 小学生
小学生自動車相談室
  • 小学生自動車相談室
  • パンフレット
  • ウェブサイト

三菱自動車は、7月20日から12月9日までの期間、自動車産業に関するさまざまな質問を、フリーダイヤルやウェブサイト、郵便で受け付ける「2022年 小学生自動車相談室」を開設する。

小学生自動車相談室は1993年から開設しており、今年で30年目。小学生を対象にした専門の相談室の設置は自動車業界で唯一の取り組みで、毎年多くの子どもたちや先生が利用しており、昨年度までの相談件数は累計約3800件となった。

相談内容は、自動車産業全般や工場、環境問題についてなど多岐にわたり、授業中の子どもたちからの電話や、小学校の先生から授業の事前準備のための質問など、さまざまな機会に活用されている。電話での問い合わせには、質問と回答を記載した「学習ノート」を送っている。

三菱自動車では相談室に加え、子どもたちの学習ツールとして、「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」と題した、子ども向けパンフレットの配布や、ウェブサイトを常時開設している。パンフレットはクルマができるまでの過程や工場の様子、電動車の仕組み、環境や安全への取り組みなどを写真やイラストで分かりやすく解説。ウェブサイトでは、開発から販売までの流れを解説し、工場での生産の様子をアニメーションや動画で紹介するほか、クルマにまつわる自由研究テーマを学年別に提案している。三菱自動車では今夏、同パンフレット・ウェブサイトへ、こどもたちの関心が高い「SDGsへの取り組み」に関するページの新設も予定している。


【夏休み】「小学生自動車相談室」開設…三菱自動車

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top