部活動をがんばる高校生のキャリア形成支援、チーム発足

 NOLTYプランナーズは2024年5月10日、河合塾、KEIアドバンス、SPLYZAと4社で連携し、部活動を通して高校生のキャリアデザインを支援する新サービス「部活動キャリア教育プログラム(仮)」を始動することを発表した。

教育・受験 高校生
「部活動キャリア教育プログラム(仮)」
  • 「部活動キャリア教育プログラム(仮)」
  • プログラムの流れ
  • 手帳「NOLTYスコラ フォーゼ」
  • 手帳「NOLTYスコラ フォーゼ」
  • アセスメントテスト「学びみらいPASS」
  • 映像分析ツール「SPLYZA Teams」

 NOLTYプランナーズは2024年5月10日、河合塾、KEIアドバンス、SPLYZAと4社で連携し、部活動を通して高校生のキャリアデザインを支援する新サービス「部活動キャリア教育プログラム(仮)」を始動することを発表した。

 「部活動キャリア教育プログラム(仮)」では、「部活動を頑張る生徒の『生きる力』を育成する」ことを目指すサービス。自らの経験や想いを言語化できるようになることに加え、チームメイトと協働して課題解決を行うことで、部活動に主体性をもって自律的に取り組む力を向上させる。また自らの強み・弱みを認識し、その能力に対し狙いを定めた取組みにより、それらの能力が伸長することを目的としている。

 プログラムは、開始時に自身の「強み」と「弱み」を測定し、客観視する。提供される手帳やアプリを活用しながら日々の活動で「仮説」⇒「実行」⇒「検証」のサイクルを回すという流れになっている。さらに、年に数回のフォロー講義により、自分の経験を「言語化」する機会を提供する。対外試合や紅白戦などで得られた能力のアウトプットを行い。再び仮説・実行・検証のサイクルで活動を継続する。1年間のプログラム実施後に、再びアセスメントテストを実施し、伸長度を確認する。

 今回のプロジェクトに参画する4社は、それぞれのサービスにおけるノウハウを利用し、プログラム設計および実施を担う。NOLTYプランナーズは、スポーツ心理学の観点を添えて設計した手帳「NOLTYスコラ フォーゼ」を提供。部活動に特化した手帳で日々の活動における仮説・実行・検証サイクルを支援する。河合塾はアセスメントテスト「学びみらいPASS」を提供。「未来を生き抜く力」の伸長を測定する。KEIアドバンスは、大学側を支援するという視点で大学の学生募集に役立つ施策を展開する予定。大学側の学生募集支援、コンピテンシーの高い学生の確保を支援する。SPLYZAは自ら課題発見から解決までを行う映像分析ツール「SPLYZA Teams」を提供。アプリケーション開発を通してスポーツ×教育を支援する。

 「2024年度特別版」のプログラムは、2024年7月ごろ~2025年3月にかけて、河合塾が販売する「学びみらいPASS」採用校の高1~2年生を対象に実施する。プログラム参加料は1人あたり年額3,000~3,500円(税込)を予定している。参加は、運動系の部活動単位で、個人単位での申込みは不可。なお、参加料に各社の「学びみらいPASS」「NOLTYスコラフォーゼ」「SPLYZA Teams」などのコンテンツ代は含まない。

《中川和佳》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top