慶応大、材質や温度も伝えられるロボットを開発 5枚目の写真・画像

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は、科学技術振興機構(JST)課題達成型基礎研究の一環として遠隔地に細やかな触感や存在感を伝えられる「テレイグジスタンス」システムを使ったロボットを世界で初めて開発した。

教育ICT その他
布などの表面材質の他、コップの内容物のようなダイナミックな触感も伝達可能
布などの表面材質の他、コップの内容物のようなダイナミックな触感も伝達可能

特集

page top