ヘルパンギーナ、首都圏で急増…神奈川県・埼玉県も流行期へ 2枚目の写真・画像

 毎年夏に流行する感染症「ヘルパンギーナ」が首都圏で急増している。神奈川県、埼玉県では警報基準を超え流行期に入り、東京都では過去10年でもっとも多い発生状況となっている。千葉県は8週連続で増加しており、警報基準に近づいている。

生活・健康 健康
神奈川県の定点あたり報告数
神奈川県の定点あたり報告数

編集部おすすめの記事

特集

page top